スポンサーリンク

松屋のステーキは「いきなりステーキ」を超すコスパ強!「ステーキ屋松」恐るべし・・・三鷹店

デビュー

松屋というと牛丼のイメージしかなかったのが、最近ステーキを扱う「ステーキ屋松」を始めて、元祖「いきなりステーキ」に物申すようにコスパも驚くほど良く、新しい業態に長蛇の列の三鷹店に期待がかかり、三鷹店以外にも取り扱い店舗を増やしていきそうで、今後の進出が楽しみです。

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

東京・三鷹店が初スタート!

 

 

 

2019年3月12日、東京・三鷹に新しくオープンした「ステーキ屋松」ですが、開店前から長蛇の列ができ、その最大の理由はコスパの良さです。

 

 

 

 

スタンダードなメニューである「松ステーキ 200g」が税込1000円というリーズナブルなお値段で食べられビックリです。

 

 

 

 

ライスは別料金150円(大盛りは無料)ですが、サラダとスープが取り放題なのでかなりお得です。

 

 

 

 

いきなりステーキは200gで税込1770円以上になるので、比較しても低価格なのがわかります。

 

 

 

 

 


取り放題なのが嬉しい♪

 

 

松屋と言えば食券を買うシステムで、券売機から席に移動し食券を渡します。

 

 

 

サラダは生野菜とポテトサラダで、コーンは好きなだけ取ることができ、スープはワカメを好きなだけ入れることができるので、ワカメスープになる可能性大です(笑)

 

 

 

 

 

 

 


「溶岩石が熱くなっていますので、お気を付けください・・・」

 

 

200g税込1000円の「松ステーキ」が、注意を促されつつ目の前に置かれます。

 

 

 

 

お肉の大きさに圧倒されながら、溶岩石を使って自分好みの焼き加減にしていくのですが、レア好きの人はすぐ口に運ぶことができます。

 

 

 

 

 

テーブルの上にある調味料を使い、多少味を変化させながら、楽しむことができます。

 

 

 

 

 

 


「お値段以上、松屋!!」

 

 

 

ニトリの宣伝ではないですが、そんなフレーズが飛び出てきそうな美味しさ(*^-^*)

 

 

 

脂が少なめの赤身肉で、筋っぽくなくて美味しいです。

 

 

 

 

 

ガーリックソースでも、塩とわさびでも美味しいし、サッパリとした肉質なので、胃もたれせずに完食できます。

 

 

 

 

 

 

 


「いきなりステーキ」の今後が危うい?

 

 

 

 

 

コスパの良さと味の良さで勝負してきた松屋・三鷹店ですが、今後取り扱い店舗が増えていくと、ステーキ専門の「いきなりステーキ」が危うい状態になっていきます。

 

 

 

お店は11:00~22:00までやっているので、夜ご飯に出かけても良いですね?

 

 

 

 

お肉は意外とヘルシーなので、寝る前に食べても大丈夫そうです。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

牛丼チェーンの「すき家」「吉野家」でも、今後ステーキを取り扱っていくことが検討されるのではと思うと、価格競争が始まり、ますます「いきなりステーキ」が危ぶまれそうです。

 

 

 

牛丼チェーンでは3位だった松屋が、一気に売上げを伸ばしそうですね?

 

 

 

今は安さが勝負の世の中です。

 

 

 

生き残るのは、どの牛肉取り扱い店になるのでしょう?

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました