スポンサーリンク

やる気が出ない・・過重労働や睡眠不足、食欲不振などによる副作用で「やる気」が減退・・・改善法とは?

仕事

仕事をするにも「やる気」が出ない・・休日にする事がなく過ごしてしまう・・そんな精神的要因からくる倦怠感は誰にでもあると思います。
「やる気」を出させるためには、何をやれば良いのかを考えてみようと思います。

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

朝は定時に起きる

 

仕事の時は当たり前のことですが、休日はついついダラダラと寝てしまいます。

 

仕事の疲れをとるための「貯め寝」も良いですが、前日少し早目に寝て、定時に起きるだけでも、体の中の時間のサイクルが狂わないので、体にとっては負担が少ないです。

 

 

 

 


朝、今日一日やる事を決めてみる

 

 

予定があるとそれに向かって行動するので、自然と体が動き出し、なんとなく時間を過ごすことがなくなります。

 

 

やり始めてみて一作業終わると達成感が出て、徐々にやる気が出てくるのです。

 

 

 

 

 

 


楽しいことを考えながら過ごす

 

 

ネガティブよりもポジティブな考えの方が、事が上手く進むものです。

 

 

重労働の仕事をしていて、心身共に疲れきってしまっている方も、体をリフレッシュさせるために、楽しい事を考えるようにすると良いですね?

 

 

 

 

 

 


休日の過ごし方・・アウトドアとインドア

 

アウトドア派は、皆んなでワイワイとキャンプなどして過ごすのも、一つのリフレッシュ法になります。

 

 

またインドア派は、読書や映画鑑賞、そしてたまには出前を取って、気分を変えてみるのも良いかもしれません。

 

 

 

気分転換で「やる気」が出て、あれもこれもと考えやひらめきが出て、また仕事へと繋がる可能性もあるので、ポジティブ思考は全てがプラスされていくのです。

 

 

 

 

 


ルーティーンを取り入れてみる

 

 

 

 

朝起きて必ずやる事を決めてみると、それが自信になり「やる気」が出てきます。

 

 

 

例えば、朝起きて「ラジオ体操」をするとか、散歩に出てみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

また、朝から動きたくない人は、新聞に必ず目を通すとか、目覚めのコーヒーを淹れてみるとか・・・

 

 

 

それをやる事によって、

 

 

「よし、今日も一日がんばろう!」

 

 

という気持ちになってくるものです。

 

 

 

 

 


まとめ

 

体調不良で「やる気」も減退している時は、まず病気を治すことが先決になるので、かかりつけの病院などを受診して、早く治すのが良いです。

 

 

しかし、なんだか「やる気」が出なくて、ただダラダラしてしまう人は、目標を決めて行動してみると自然と動き始めます。

 

 

少しずつ前進していければ良いことなので、まずは目標を決めてみましょう。

 

 

お互い楽しい一日になると良いですね^ ^

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました