スポンサーリンク

かき氷の進化系~ 炙りかき氷とドンペリかき氷で、冷たさの中にロマン漂わせ、大人のかき氷を楽しむ・・・

ブーム

かき氷にも種類があり、きめ細かくふんわりした氷もあれば、ザクザクした昔ながらの氷でシロップや練乳をかけて、夏祭りなどで食べるかき氷や、洋菓子屋さんで出すリッチな「炙りかき氷」、そしてワインバーなどで出す「ドンペリかき氷」などが話題を呼び、夏の風物詩として華を添えています。

 

スポンサーリンク

かき氷とは?(ウィキペディアより)

 

かき氷とは氷を細かく削ったり砕いたりして、シロップ等をかけて食べる氷菓です。

 

また餡やコンデンスミルクなどをかけたりもします。

 

 

昔は氷を、かんななどで粒状に削っていましたが、現在は専用の機械を使って作られています。

 

 

かき氷を売っている店は、氷旗(白地に赤い文字で「氷」と書かれた幟(のぼり))を掲げていることが多く、夏季に社寺の境内で催される祭礼や縁日などで売られていて、夏の風物詩の一つとされています。

 

 

 

 


炙りかき氷が人気!

 

 

今ではどこの洋菓子店でも、炙りかき氷やスムージーを、夏のデザートとして掲げている店が多くなってきました。

 

 

 

炙りかき氷で代表とされるのは、煉り菓子専門店「銀座かずや」さんと共同開発した新スタイルのもので、軽井沢産の天然氷を使用し、青森県産の百年林檎と、粉糖、卵白がバランスよく混ぜ合わさってできたエスプーマが、氷を包むようにトッピングされていて、バーナーで炙り香ばしさを出しています。

 

 

 

エスプーマのキメが細かいので、熱を氷まで通さず表面だけを炙ることができます。

 

 

目の前で炙ってくれるので、まるで焼き林檎のような香りを楽しむことができます。

 

 

 

そして一口食べると、ふわっとした氷をクリーミーなエスプーマが包み込んで、新感覚でまろやかな感じです。

 

 

 

りんごの果肉もたくさん入っているので、ほんのり香ばしくて焼きリンゴのような味わいです。

 

 

口の中で、すぅ~っと溶ける氷なので、さっぱりとした後味で最後まで楽しむことができます。

 

 

 

チタン製の二重になっている器を使っているので、保冷効果が高く、いつまでも氷が溶けないところが嬉しいです。

 

 

 

 

 


エスプーマとは?(ウィキペディアより)

 

 

 

エスプーマは、スペイン・カタルーニャの料理店「エル・ブジ」の料理長フェラン・アドリアによって開発された料理のことを言います。

 

 

またはその調理法や調理器具のことを言います。

 

 

 

亜酸化窒素を使い、あらゆる食材をムースのような泡状にすることができる、画期的な調理法として注目されています。

 

 

エスプーマはスペイン語で「泡」を意味します。

 

 

調理法としては、専用の器具に材料を入れ密封し、亜酸化窒素ガスのボンベでガスを封入し、器具全体を振ります。

 

 

 

ノズルを操作すると、食材が泡状になって出てきます。

 

 

 

日本では亜酸化窒素ではなく、二酸化炭素で代用するのが一般的です。

 

 

 

しかし危険を伴い、フランスでは使用した際に爆発して、部品が胸に当たり心臓停止で死亡した例もあります。

 

 

 

また歯が折れたり、耳鳴りが起きた事例が報告されているほか、多発性骨折や失明した例もあり、2015年以降の製品は改善されているようです。

 

 

 

 


ドンペリかき氷とは?

 

 

2018年夏に、東京ミッドタウンのGRILL&WINE GENIES TOKYOで、夏季限定商品として、ドン・ペリニヨンを使用したマスカットやマンゴー、そしてストロベリーの3種類のかき氷を出しました。

 

 

 

10年前に銀座のマキシム・ド・パリで誕生したとされる「ドン・ペリニヨンのかき氷」は、ハーブドリンクやシロップで作った氷に、フルーツとドン・ペリニヨンをかけて、香り豊かな大人のかき氷にしたものです。

 

 

 

 

アルコールが苦手な方には、ノンアルコールのスパークリングワインをかけたオリジナルかき氷もあります。

 

 

 

 


まとめ

 

 

スパークリングワインのかき氷は、口に入れるとシュワーっと、音が聴こえてきそうな感じですね(笑)

 

 

しかし、洋菓子店の炙りかき氷や、ワインバーのドンペリかき氷など、かき氷もただのかき氷ではなくなってきていて、ちょっと敷居が高くなってきています。

 

 

 

セレブ感覚で味わうリッチなかき氷は、やはり女性向きだと思います。

 

 

 

 

私の家の近くにある洋菓子店でも、炙りかき氷を店内でイートインできますが、座っているのは女性ばかりです。

 

 

 

スイーツ感覚で食べられるから、冷んやり甘いかき氷は、暑い夏には最高なんですよね。

 

 

 

 

気になるのはドンペリかき氷のお値段です。

 

 

スパークリングワインかき氷は、1,600円くらいなので、5,000円以上なのかな?

 

 

 

お店によっても違うと思いますが、安ければ、なんちゃってドンペリですね、きっと(笑)

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました