スポンサーリンク

消費税は10%になり軽減税率の商品も定着! 逆累進性は今も一般庶民を苦しめている?

生活

2019年10月1日から消費税8%から10%に上がり、同時に軽減税率制度が適用され、それは日常生活に最低限必要とされているものが対象商品となり、しかし逆累進性が著しく一般庶民を苦しめる結果にはなりましたが、現在は当たり前のように生活に定着している状態です。

 

逆累進性とは消費税が上がることにより、低所得者ほど食料品や生活必需品の購入費の割合が高くなり、高所得者よりも税負担率が大きくなるので、そのまま生活苦に直結することになります。

 

スポンサーリンク

軽減税率対象商品

 

 

2019年10月1日から消費税が10%に上がり、それに伴い軽減税率制度が適用されることになりましたが、現在は生活に定着しています。

 

 

 

スーパーやコンビニなどでは、お酒を除く食べ物や飲み物などが軽減税率8%の対象になり、イートインスペースでは10%になっています。

 

 

 

 

テイクアウトすれば8%で、スーパーやコンビニでイートインすれば10%と混乱しそうでしたが、レジにも対応され問題視はされなくなりました。

 

 

 

 

 

 


軽減税率対応レジ

 

 

 

中小企業庁からは、軽減税率に対応しているレジへの買い替えを以前は呼びかけていて、現在はカード決済ばかりではなくpaypay対応のお店も増えてきています。

 

 

 

切り替え当時は、国からの補助は200万円まで出ると言われていましたが、それでも切り替えているお店は少なく、ある県では導入しているお店が2割程度しかなかったそうです。

 

 

 

 

 


軽減税率対象・非対象

 

 

今更ながらですが、8%10%の商品の内訳を見ていきましょう。

 

 

 

対象(8%)

 

新聞の定期購読
ノンアルコールビール
デリバリー (ピザ・牛乳・蕎麦などの配達)
宿泊先の部屋の冷蔵庫にある飲み物
オロナミンC
ペットボトルの水

 

 

対象外(10%)

 

コンビニやキヨスクなどに置いてある新聞や、また電子版など
トイレットペーパー
みりん
ホテルのルームサービス
水道水
リポビタンD

 

 

 

以上のように多種に渡り混乱を招く要因であふれていましたが、今は当たり前のように落ち着いています。

 

 

 

 

みりんはお酒として扱われなくても、アルコール度数が1%以上なのでお酒と同じく軽減税率対象外になっています。

 

 

 

オロナミンC栄養ドリンクなので対象となり、リポビタンD医薬部外品(厚生労働省が許可した効能が一定量入っているもの)であるので、薬関係とみなされ対象外となっています。

 

 

 

 

 

 


海外の税率は?

 

初めて消費税が導入された国はフランスで、フランスは19.6%と日本と比べて約2倍です。

 

 

 

価格表示では本体価格のみ記載されていて、その中に消費税が含まれているという感じで、明確にはされていません。

 

 

 

 

 

イギリスは大変ユニークで、標準税率はビスケットやマシュマロなどのお菓子には一切かからなく、チョコレートやアイスクリーム などの調理済み食品には20%の消費税がかかってきます。

 

 

 

その違いがどこにあるのかわかりませんが、イギリス人にはわかると思います。

 

 

 

 

 

カナダ消費税が5%ですが、こちらもユニークです。

 

 

 

 

例えばドーナツ5個以内の購入であれば、店内で食べていかれる量だと決められているので、消費税は5%かかりますが、6個以上の購入ではお持ち帰りだと判断されて、かからないようになっています。

 

 

 

とてもアバウトな国のように思います。

 

 

 

 

 

 


軽減税率のメリットとは?

 

キャッシュレス社会である現代、コンビニなどではクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済で支払うと、購入額の2%~5%をキャッシュバックしてくれたり、ポイント還元してくれたりします。

 

 

 

しかしこのサービスは、9ヶ月の期間限定で終わりました。

 

 

 

 

何か新しいことを始める前に消費者にお得な情報を公開し、ある程度定着してきたら、そのサービスを終了させるというよくあるパターンです。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

 

消費税3%が導入されたのが1989年で、今から32年前になります。

 

 

 

コンビニやディスカウントショップなどには、レジ周辺に1円玉が置いてあり「ご自由にお使いください」と書いてあったことを思い出します。

 

 

 

それまでは1円玉は、買い物には無縁な存在のお金でした。

 

 

 

 

しかし消費税3%が導入されてからは一躍脚光を浴び、今ではなくてはならない存在になっています。

 

 

 

 

大企業は消費税が上がる度に還付金が入り逆に恩恵を受けることになるのですが、逆累進性の影響でお金の無い一般庶民は税負担が増えていき、家計に重くのしかかってくるので大変です。

 

 

 

また個人経営の小規模事業者は、消費税問題もそうですが、コロナ禍の影響で次々と廃業するところが出てきました。

 

 

 

とても生き辛い社会になってきました。

 

 

 

 

以前は2020年の東京オリンピックが景気回復の一つの鍵になると言われていましたが、コロナで延長延長を繰り返し、結局いまだ実現していない状況です。

 

 

 

 

廃業や倒産しているお店や会社も多い中、業績を伸ばしているお店や会社もあるので、まさに格差社会は進行状態だと言えると思います。

 

 

 

 

早く景気が好転して、安心して生活できる世の中になってほしいと願うばかりです。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました