スポンサーリンク

喉の状態悪化!夏と冬の湿度の違いによる乾燥原因と、潤いケアの方法とは?

生活

呼吸したり飲食をする時に、その通り道となる喉の調子が悪くなると、咳が出やすくなり、乾燥による原因からウイルスが付着して、風邪をひいたり、扁桃腺が腫れたりすることがあります。

 

冬は空気が乾燥して、風邪が流行する季節でもありますが、夏は湿った空気を乾燥させるエアコンのかかった部屋に長くいることで、喉が乾燥して夏風邪をひきやすくなります。

 

どちらの季節でも、喉の乾燥を防ぐための喉ケアーは必要です。

 

 

喉の炎症の原因と、乾燥を防いだ潤うための良い方法を一緒に見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

なぜ喉の炎症が起こるのか?

 

 

 

呼吸や食事に必要な口は、外気からウイルスや細菌も侵入しやすく、それによって喉の調子が悪くなり、病気を引き起こす原因になります。

 

 

ウイルスや細菌などが喉に付着すると、それから体を守ろうと炎症が起こります。

 

 

炎症が起きている部分は、腫れや熱などで赤くなっていき、痛みを感じるようになります。

 

 

 

 


乾燥を防ぎ、喉に潤いを!

 

ウイルスや細菌から喉を守る方法にはいろいろありますが、まずは乾燥させないようにして、喉の調子を整えていくことが重要ポイントです。

 

乾燥により喉の潤いが不足することにより、細菌やウイルスが喉に付着しやすくなるので、湿度は60%くらいに保てるように加湿器や、温かいお茶などでいつも喉を潤していくことが最良です。

 

夏場はエアコンにより部屋の湿度が40~50%になり、冬は乾燥により湿度は20%くらいになっているので、潤いのある生活を目指すことが、病気にかからない近道だと言えます。

 

 

 

他にも、室内に洗濯物を干すと乾燥防止になって良いです。

 

 

 

 


温かい飲み物で、乾燥を防ごう!

 

 

カテキンの効果は風邪にも、喉の乾燥にも良いので、お茶は進んで飲んだ方が良いです。

 

 

そして冷茶よりも温かいお茶の方が、効果的です。

 

 

また、はちみつや生姜入りの紅茶は喉に少し刺激があり、まろやかな味わいなので、心も体もリラックスできます。

 

 

 

 


睡眠中の口内の乾燥注意!

 

 

 

寝ている時は無意識のうちに、口呼吸していることがあるので注意が必要です。

 

 

加湿器をつけて、部屋を乾燥させないようにするのがベストです。

 

 

 

加湿器がない場合は、湿らせたガーゼをマスクの内側に入れて、そのマスクをして寝ると保湿効果が期待できます。

 

 

 

 


まとめ

 

ウイルスや細菌を寄せ付けないためにも、外出後のうがい手洗い、水分補給には心がけたいですね。

 

 

夏でも温かい飲み物の方が良いということを知りましたが、夏に温かい飲み物はやっぱり抵抗があります。

 

 

冷たい飲み物を飲んだ後に、温かい飲み物を少しでも飲むと違うみたいです。

 

 

 

健康のために、なるべく温かい飲み物や食べ物を摂っていきたいと思います。

 

 

そして、喉の乾燥にも気を遣って、風邪をひかない健康な体作りをしていきたいですね。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました