スポンサーリンク

更年期障害と関節痛の関わり エストロゲンの低下による体の症状、女性ホルモンとは?

生活

更年期障害の症状としては、めまい・頭痛・のぼせ・火照り(ホットフラッシュ)・倦怠感などがあげられますが、冷え性や老眼、肩こりや腰痛、そして関節痛などの広い範囲まで症状が出てきて、エストロゲンの分泌量が低下することが原因だと考えられています。

 

立ったり座ったりと、体を動かす度に関節が痛くなる症状について調べてみたので、その原因と改善法を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

更年期障害による関節痛とは?

 

手足のこわばりや関節痛で婦人科を受診し、婦人科で更年期障害の治療としてホルモン補充療法(HRT)を行うと、痛みが軽減することがあるそうです。

 

 

コラーゲンである関節の表面を覆っている軟骨を構成するたんぱく質が、すり減ると痛みや腫れなどの症状を起こします。

 

 

コラーゲンの合成にはエストロゲンが深く関わっていて、関節をスムーズに動かすにはエストロゲンの十分な分泌が必要となります。

 

 

更年期に入ってエストロゲン分泌量が急激に低下すると、コラーゲン量も減少して、手足のこわばりや関節痛が起きる可能性があるのです。

 

 

 

 

 


エストロゲンとは?(ウィキペディアより)

 

 

エストロゲンは、エストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類からなり、ステロイドホルモンの一種です。

 

 

一般にエストロジェン、卵胞ホルモン、または女性ホルモンとも呼ばれています。

 

 

 


女性ホルモンを増やすには?

 

1. バランスの良い食生活

2. 適度な運動

3. 趣味を持ち、活発に行動する

4. 薬やサプリメントでエストロゲンを増やす

 

 

以上のことを見ても、規則正しい生活を送ることが良さそうです。

 

 

やはりバランスのよい食生活は、日常に欠かすことはできなく、肉や魚、大豆製品や野菜、炭水化物、種実類などバランスよく摂ることで、女性ホルモンを増やすことができます。

 

 

中でも大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た構造をしているので、大豆や豆腐、納豆、味噌、豆乳などを積極的に摂ると改善されます。

 

 

そして、適度な運動を習慣づけることです。

 

 

ヨガやストレッチなどは、ゆっくり体を動かし、体の血行や代謝を良くしながら緊張を和らげることができるので、とても効果があります。

 

 

 

 


まとめ

 

関節痛はやはり女性ホルモンの減少によるもので、ホルモンバランスや自律神経による体の不調を改善するには、女性保健薬を摂取するのも一つの方法だと思いました。

 

 

エストロゲンの分泌量は、40代半ばから急激に減少していくそうです。

 

 

今まで何気なく出来ていたことも、徐々に無理がきかなくなってきます。

 

 

健康的に過ごすためには、日頃から食事や運動に重視して、目標を持ち続けることが重要だということがわかりました。

 

 

 

毎日無理せず、健康的な毎日を過ごしたいですね。

 

 

 

少しずつ改善していこうと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

その他お役立ち情報などを、是非ご覧になってみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました