サザエさんの実写版TVでは、タラちゃんの妹「ヒトデ」ちゃん登場!

ドラマ

アニメ「サザエさん」では永遠に歳をとらない設定で50年経っていますが、実写版「サザエさん」では、20年後の磯野家とフグ田家がお茶の間に登場します。

そして17歳になった、タラちゃんの妹ヒトデちゃんが活躍する場面も楽しみです。

 

11月24日20時よりフジテレビ系で、「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」が公開されます。

 

開局記念?

 

この企画は、フジテレビ開局60周年として、アニメ「サザエさん」の放送50周年を迎え、お祝いの放送になります。

 

 

ドラマはアニメの中の主人公たちが20年経った姿を、リアルに演じた作品です。

 

 

それぞれの役柄

 

サザエ・・・天海祐希

マスオ・・・西島秀俊

カツオ・・・濱田岳

ワカメ・・・松岡茉優

タラオ・・・成田凌

ヒトデ(妹)・・桜田ひより

波平・・・・伊武雅刀

フネ・・・・市毛良枝

 

 

今回、タラちゃんの妹であるヒラメちゃんが高校生になった設定で、桜田ひよりさんがアニメには登場していなかったキャラクターを演じ、そこが見所でもあります。

 

 

 

 


ヒトデちゃんとは?

 

ヒトデちゃんは、1954年発刊の雑誌・漫画読本の創刊号に、1コマ漫画として「サザエさん一家の未来予想図」に一度だけ掲載され、登場しています。

 

 

タラちゃんの妹分なので、しっかりしたキャラクターのように思いますが、女の子なのでどちらかというとお父さん似で、もしマスオさんに似ていたら、きっと周りに気を遣うような優しい子だと思います。

 

 

ドラマでは、成長した17歳の高校生のヒラメちゃんが、キャラ弁をきっかけにサザエお母さんに対して距離を取るようになる様子などが描かれています。

 

 

 

 


日常の何気ない一コマ

 

ドラマに携わってきたスタッフさん達が、20年後のサザエさん一家を想像しながら、家族の日常の何気ない一コマをリアルに表現していて、特にヒラメちゃんについては、きっと性格も良く、しかし根っから明るいサザエさんを母に持ち、少し抵抗している部分もあるのではないか・・とキャラクター作りには苦労したようです。

 

 

 

 


まとめ

 

サザエさん一家の20年後は、きっと昔のままの性格がそのまま反映されていて、見ていてほのぼのするドラマになっているのでは・・と今から楽しみです。

 

マスオさんは典型的なお婿さんタイプで、その娘のヒラメちゃんは、しっかりしていても控えめな一面を持った少女ではないかと思います。

 

 

長寿番組であるサザエさんが、もっと身近に感じられそうですね?

 

今から楽しみです^ ^

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました