クリスマスケーキが売れなくなったワケとは? 贅沢なものと考えられ健康志向のため、ケーキを買わなくなったとしたら洋菓子店は大ピンチ!

イベント

クリスマスケーキが売れなくなり洋菓子店の倒産が増え続けています。

 

今年も台風などの災害による死者・負傷者が相次ぎ、家を失ってしまった人も少なくありません。

 

景気回復が成功したように見える世の中も、実情は国民が貧しくなってきています。

 

そんな中で、クリスマスケーキの売上げは年々低下しているのには、世の中の背景が大きく関係しているようにも思えます。

 

 

2019年10月までの洋菓子店の倒産件数は43件と、過去最多を更新しています。

 

 

今後、洋菓子業界はどうなっていくのでしょう?

 

洋菓子店は、クリスマスで1年分の利益を稼ぐ

 

「クリスマスケーキで1年分の利益を稼ぐ」と言われているほど、街にある洋菓子店はクリスマスケーキには力を入れています。

 

 

しかし世の中の現状や、消費者の健康志向への関心により、ケーキ離れしている家庭も増えてきています。

 

 

やはりケーキは、誕生日などの特別な日や、日頃頑張っている自分へのご褒美や、ご贈答品として購入していかれる方が多いようです。

 

 

 

普段お家で食べる用であれば、価格も安いスーパーやコンビニで済ませてしまう人もいます。

 

 

 

洋菓子店は、特別な日に一気にケーキを売り上げますが、一大イベントであるクリスマスにケーキが売れなくなってきていて、昔からクリスマスで1年分の利益を稼ぐと言われてきている洋菓子店にとって、厳しい状況になってきています。

 

 

 

 


なぜクリスマスケーキが、売れない時代になってしまったのでしょう?

 

SNSでも書込みがあり、それぞれ理由があるようなので、一つ一つ見ていこうと思います。

 

 

 

・量産品の小さなショートケーキなどは、100円くらいから買えてしまうので、500円くらいのものが売れることの方が奇跡です。

 

・民主党政権による事業仕分けで、ムダと判断されました!(これは疑問です)

 

・節約のために、ケーキを手作りする人が増えてきていることが考えられます。

 

・今は24時間やっているコンビニや、ネットショッピングでも手に入る時代なので、街の洋菓子店は大変だと思います。

 

・1種類の味をワンホール食べるよりも、何種類もの味を一口ずつ食べたいと思います。

 

 

 

以上のように、ケーキはまだまだ高価なもので、贅沢なお菓子のようです。

 

 

そして中には、手作りでクリスマスケーキを作って、最初の過程から楽しむ家もあり、子ども達もお手伝いすることができるので、ケーキ作りが経験できるメリットもあり、手づくりケーキでクリスマスを迎える家もあります。

 

 

 

 


まとめ

 

スーパーやコンビニでお手軽に甘い物が買えてしまい、仕事帰りや忙しい時間の合間に購入して、プチ贅沢ができることが今の定番の過ごし方なのかもしれませんね。

 

コンビニに入ると、設置されたイートインコーナーで食事している家族をよく見かけます。

 

 

お弁当やデザート、アイスも合わせて購入して見栄えよく並べれば、イートインコーナーも素敵な食堂になります。

 

 

クリスマスには必ずクリスマスケーキを購入するというそんな時代は、もう過去のことになってしまったのでしょうか?

 

 

ちょっと寂しい気もしますが、健康志向重視の世の中、やはり甘い物からは離れていきそうですね。

 

 

美味しい紅茶を淹れて、たまにはケーキで贅沢しても良いのかも!

 

 

素敵なクリスマスを迎えられると良いですね?

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました