2019年「満月の日」の2日後には、ふたご座流星群が見える

ブーム

2019年、令和元年最後の満月は12月12日で、その2日後にはふたご座流星群が観測され、今年最後を締めくくる星降る夜になり、神秘的な雰囲気のまま過ごせそうです。

満月の夜

満月の日は、これまで努力して積み重ねてきた行動に対して、結果が現れやすい日とされています。

 

今年最後の12月の満月の夜はきっと、1年間の集大成を感じる不思議な雰囲気に包まれます。

 

 

ふたご座の満月は、知的好奇心が沸き起こる時とされていて、自分の興味がある事などに取り組むと上手くいくようです。

 

そして、探していた情報に巡り合えたり、悩んでいたことに対する答えが見つかる時でもあります。

 

 

いろいろな人達とコミュニケーションを、積極的にとっていければ、何か進展がありそうです。

 

 

 


ふたご座流星群

 

そんな神秘的な夜の2日後の、12月14日から15日の明け方にかけては、ふたご座流星群が見えます。

 

だいたい1時間あたりに、15個ほどの流れ星が見えると予想されていて、星降る夜になりそうです。

 

 

 


観測地

今回の観測に適してる場所としては、緯度で見ると北緯30度~40度付近が最も適しているとされていて、中でも中国が綺麗に確認できるそうです。

 

 

 


流星群の種類には・・・

しし座、おうし座、オリオリン座、ペルセウス座などがあり、よく晴れた日の夜観測できます。

 

 

 


まとめ

夜空を見上げるのは、お月見の時や花火大会の時くらいで、最近ゆっくりお月様を観察する機会はありませんでした。

 

満月はやはり綺麗で、神秘的な雰囲気があり、物語の主人公にでもなった気分にさせてくれます。

 

いまだにウサギが餅をついてるような感覚になってしまいますが、月旅行が実現したらきっと夢物語は綺麗さっぱり消滅してしまうのでしょう。

 

かぐや姫の存在も、昔話の典型みたいな内容として伝わり、昔の人は不思議なことを考えていたんだね?のような会話も出てくるかもしれません。

 

 

ふたご座流星群がしっかり確認できると、2019年を振り返ることができそうですね?

 

 

ゆっくり星空を眺めてみたいと思います。

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました