スポンサーリンク

健康長寿、サラサラ血液でもっともっと若返ろう! 冷えや肩こりはドロドロ血液から・・・

生活

健康で長生きするためには、やはり健康管理が重要な役割を果たしています。

血液サラサラ状態と血液ドロドロ状態では、明らかに体の状態が変わってきます。

 

血液サラサラの食生活をおくると、年齢より若く見られて長生きできるので、良いことづくしです。

 

健康になるために、血液について少し調べてみました。

 

スポンサーリンク

血液の役割

体内の隅々に流れている血液は、体重の約8%を占めると言われていて、体重60kgの人を例に挙げると、血液は約5リットルになります。

 

血液は赤血球、白血球、血小板と液体の血漿に分けられていて、主な仕事は体中に栄養や酸素を届けて、二酸化炭素や老廃物を運び出します。

 

そして病原菌を退治したり、体温を調整したりするのです。

 

元気で長生きするためには、サラサラの血液を保つことが大切です。

 

 

 


血液がサラサラ・ドロドロの人の特徴

血液がサラサラの人

疲れにくい よく眠れる 手先や足先がポカポカしている 風邪をひきにくい 肌のツヤが良い 髪の毛にハリやツヤがある 実年齢より若く見られる

 

血液がドロドロの人

疲れやすい 夜中に目が覚める 冷え性 肩こりがひどい 風邪をひきやすい シワやくすみが目立つ 抜け毛が目立ち、ハリがない かかとがガサガサしている 実年齢より老けて見られる

 

以上のことを見ていくと血液がサラサラしている人は、利点しかないことがわかります。

 

逆にドロドロの人は悪いことしか目につきません。

 

 

 


病気の原因になる、血液ドロドロには?

血液がドロドロの状態のまま放っておくと、冷え・肩こり・便秘などになり、やがて脂質異常や高血圧・高血糖などになり血栓ができやすく、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクを背負うことになります。

 

 

 


適度な運動と食生活

 

 

毎日の運動は、少しの時間でも身体にとても良いのです。

 

ウォーキングやストレッチをすることによって、血管が柔軟になって血流が流れやすくなります。

 

特にふくらはぎは第2の心臓と呼ばれているので、お風呂上りのストレッチは効果的です。

 

そして食生活にも日頃から気を付けて、サラサラ血液になるように食材も厳選して摂ると良いようです。

 

 

納豆や亜麻仁油、荏胡麻オイルなどは、サラサラ成分が豊富に含まれていて、毎日摂るようにするとベストです。

 

 

 


まとめ

健康で長生きするためには、日頃から健康的な食生活と軽度な運動が必要だということがわかりました。

 

血液がドロドロになる食品には、甘くて美味しい物が多いと思いますが、美容と健康のことを考えて、少し控えていくことが良さそうです。

 

食べ物の誘惑に勝つのは大変ですが、健康でイキイキした生活をおくるために、少しずつ改善していければと思います。

 

そしてウォーキングとストレッチも取り入れながら・・・

 

 

やっぱり健康が一番ですよねヽ(^o^)丿

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました