スポンサーリンク

東京オリンピックは開催予定!国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長からも開催の意向を表明

スポーツ

東京オリンピックの開催が、新型コロナウイルス中止や延期になることが話題になり、 それについてIOCのバッハ会長は、開催する方向で問題ないことを発表しました。

東京都知事も以前メディアで、東京オリンピックの開催についてIOCに問い合わせをし、開催する意向であることを確認し報告していました。

 

スポンサーリンク

東京オリンピック・パラリンピックの観戦チケット

2次抽選では、チケット約77万枚を用意し、24万人から計237万枚の申し込みがありました。

 

 

当選者は約10万人いたそうで、その内37万枚が購入され、その前の1次抽選では約60万枚を販売しているので、合わせて97万枚販売したことになります。

 

 

 


新型コロナウイルスの影響はない!

 

約8割ほど、観戦チケットが購入されていますが、現時点で特別大きな影響はなかったとしています。

 

 

そして今後の販売について組織委員会としては、新型コロナウイルス感染症に関する情報収集をおこないつつ、適切な対応を取っていくそうです。

 

 

 

 


予定どおり開催

 

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、スイスでおこなわれた理事会を終えて会見をおこなった際に、中止や延期の言葉は出なかったとし、予定どおりに開催することを発表しました。

 

 

各国のメディアが出席した会議では、中止や延期を決める期限や条件についての質問が出ましたが、バッハ会長「臆測の火に油を注ぐことはしない」として、断固たる姿勢をとっていました。

 

 

 


まとめ

 

新型コロナウイルス感染症の発生で、各イベントや観戦などの中止が相次ぐ中、やはり気になるのは今年開催される東京オリンピックです。

 

 

IOCのバッハ会長の断固たる姿勢から少しは安心できますが、感染拡大の状況やマスクや消毒薬不足、特効薬の開発時期などの報道を見ていると、本当に開催できるのか不安になってきます。

 

 

オリンピックが東京でおこなわれることが決まってから今まで、着々と準備してきたことは計り知れないと思います。

 

 

選手の皆さんも、オリンピック開催日に焦点をおいて練習しています。

 

 

なんとか予定どおり開催できるように、新型コロナウイルスのワクチン開発成功と、感染がこれ以上拡大しないことを願っています。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

東京オリンピックをもっと楽しく!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました