定年退職の年齢と、老後必要な貯蓄額とは? いくらあったら老後は安泰?

仕事

定年の年齢が60歳から、まだまだ元気に働けて老後の生活費の心配なども考え、65歳まで引き延ばされ、今後はもっと延びる可能性があります。

これからの人達は寿命がもっと延びるので、健康で長生きしていくためにも、自ら働いて収入を得ることが大切だと考えられます。

そして、ある程度の貯蓄も必要になってきます。

平均の貯蓄額とは?

 

還暦を迎える人の平均貯蓄額は2900万円とされていますが、全体の67%が2000万円以下という数字が出ています。

 

老後の生活費としては、年金以外に後2000万円が必要だという金融庁のデータについては、メディアにも取り上げられているので知っています。

 

実際に還暦を迎える人たちの貯蓄状況ですが、ある生命保険会社が行った調査からすると、還暦を迎える人は現時点で、平均2956万円の貯蓄額となっているそうです。

 

ただしこれは、一部の富裕層の人達が平均を大きく押し上げているので、あくまで参考としての数字です。

 

 

 


貯蓄額の差と働きたい年齢

やはり生活水準の違いにより貯蓄格差はあり、1億円以上と答えた人が8%いる一方、2000万円未満の人は67%と不安を抱える人は一番多くいます。

また4人に1人は100万円未満と答えている人達もいて、かなりのバラ付きがあります。

 

また東京や大阪と、その他の県でも違いが出ていて、首都圏の平均額は3363万円であるのに対し、その他の地域では2678万円でした。

 

これは大手企業が、首都圏に集中していることが関係しているのかもしれません。

 

 

子どものいない夫婦2人の世帯と、子育て中の世帯を比べても、900万近い差があります。

 

やはり子ども達の養育費にお金がかかり、貯蓄まで行き渡っていないようです。

 

 

貯蓄額は、夫婦2人では平均額が3223万円で、子育て中の世帯は2354万円でした。

 

また貯蓄のことを考えると、還暦を迎えても元気であれば、働き続けたいという人は全体の8割以上いて、やはり老後の蓄えを重要視していることがわかります。

 

 

因みに70歳まで働きたい人は4割いて、全体の平均としては70手前の67.2歳でした。

 

 

 


まとめ

 

誰しも老後の貯蓄額については、何かしら考えています。

 

歳をとったら施設に入って、元気に生活しようと考えている人も少なくないと思いますが、少しだけ贅沢したいと考えているのなら、月20万は必要になってくるようです。

 

そう考えると、老後2000万では生活できない気もしてきます。

 

一番良いのは健康で、年齢がきても働く所がある環境だと思います。

 

体を動かしていれば、老いを感じることもあまりなくなると思うので、いつまでも若々しくいられるはずです。

 

 

歳をとったらそうありたいと思う、今日この頃です。

 

 

まずは老後困らない程度に、蓄えをしていきたいですよね。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました