LINEのテーマパークって、楽しめるのかな? タイの首都バンコクで、テーマパークが開園!

最新情報

LINEのスタンプでもおなじみのクマさんやうさぎさん、親指立ててゲッツをしている金髪の人など、正式な名前はわかりませんが、タイのバンコクではキャラクターを再確認できるようなテーマパークが開園しました。

 

キャラクターがお出迎えする部屋や、VRゴーグルをつけて専用の椅子に座り、仮想現実の世界でLINEのキャラクターたちに出会ってみたりと、スマホを使っている人なら一度は使ったことがあるのではないかと思うLINEスタンプの世界が広がっています。

とっても楽しそうなテーマパークなので、大人からこどもまで、おじいちゃんおばあちゃんも楽しめると思います。

 

 

タイ首都にLINEのテーマパーク開園

引用:AFPBB News

 

 

日本でも大阪の梅田で、LINEのキャラクターたちが大集合して、2018年のゴールデンウィークは賑わったのではないかと思います。

 

このイベントでの体験や販売内容は、各クリエイターが書き下ろしたグッズ約100種類以上を先行販売したり、キャラクターを使ってのオリジナルTシャツやトートバッグ作りや、自分の顔がスタンプになるアプリを体験できる、スタンプに密着できる時間を過ごすことができるイベントでした。

 

 

LINEスタンプのクリエイター登録されている人は、今では世界各国大変増えて、その中でほんの一握りの人しか購入されていない状態だと思います。

 

登録するには5ステップが必要ですが、スタンプ画像を登録してリクエストをクリックしてから審査中になり、承認されるまで時間がかかるので、根気がいり狭き門のような感じもします。

 

またせっかく承認されても、なかなか売れなくていつまで経っても売り上げがのびないスタンプもあります。

 

 

では、人気のスタンプがなぜ好まれるのか?売り上げがのびるスタンプのポイントを上げてみようと思います。

 

 

1、白くて丸っこい動物やペット(ニャンコやウサギさん)

2、そうそう、あるあると、共感を呼ぶもの

3、挨拶や定型句など、使うシーンが明確である

4、学生や主婦や恋人など、ターゲットが明確であること

5、同じおはよう!でも表情やしぐさが違い、微妙なニュアンスを表現する

6、他にはないオリジナリティーを出す

 

このように、パッと見てこのスタンプいい~と思わせるような、インパクトがあり実用的で可愛いものが良さそうです。

 

 

話しがだいぶズレてしまいましたが、一度タイのバンコクにできたLINEのテーマパークへ行ってみたいと思いました。

 

 

映像をご覧いただき、興味がわいてきたら行ってみてくださいね?

 

また行って、見てきた感想などいただけたら嬉しいです。

 

バンコクへ行かれる方は、お気をつけて行ってきてくださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました