フィルムクリエイター(映像クリエイター)の今後の需要は?時代は動画革新へと進む

デビュー

動画コンテンツの市場規模を、総務省が6兆2466億円と打ち出し、動画の需要性が世界のあらゆる分野において活用され、今後のビジネスの鍵になりそうです。
 

そしてユーチューバーなど年々増加傾向にある映像化社会においても、必要とされているフィルムクリエイター(映像クリエイター)の存在は大きく、その種類も多いことから活動範囲も広がっていきそうです。

フィルムクリエイターの仕事

撮影や編集などの映像作りや、また企画や脚本、絵コンテなどの裏方にまわるクリエイターもいます。

 

 

映像を作る全ての工程をとりまとめるディレクターや、編集オペレーター、パソコンソフトを使いながらデザインしていくCGデザイナーや、特撮を制作する技術者などの仕事などもあります。

 

 

映像制作会社に勤務していれば、複数のスタッフで仕事を分担していけますが、ユーチューバーなどのフリーランスで企画から撮影までをやっていく場合は、全て1人で制作していくことになるので、勉強が必要です。

 

 

 

 


これからの仕事

 

今現在急増している職業がフリーランスで、会社組織に所属していない、自らの技術を提供して収入を得ている個人事業主で、日本では他に自由業や自由職業とも呼ばれています。

 

 

巷で流行っているオンラインサロンでのセミナーや、自宅にいても仕事ができるオンラインビジネスなどインターネットを使える環境であれば、場所を選ばず仕事ができる職業で、今後ますます成長が見込まれます。

 

 

そのような中でも、フィルムクリエイターは今後5年10年20年と需要が高まり、需要が拡大していくことにより供給する側は個人である場合もあるので、収入が上がっていき、おすすめしたい職業の一つとなっています。

 

 

企業や個人だけではなく、ビデオゲームやオンラインゲームをプレイできる環境としての基盤(プラットフォーム)を、提供する事業者のプラットフォーマーにも、事業拡大のチャンスは訪れています。

 

 

 

 


楽しめる仕事

 

会社に属しての仕事は時間が拘束され、自分の技術や能力、労働を提供する代価として給料が支払われていますが、フリーランスなどの仕事は全て自分自身で決めていかれるので、クライアントからの期限付きの仕事の依頼意外は、時間に拘束されることもなく、計画的に仕事をこなしていかれれば困ることはないので、正しいやり方をしっかり進めていければ、やればやっただけの報酬も入り、美味しい職業だと思います。

 

 

しかしやはり生き残っていくためには、その方のセンスがものを言うわけで、企画力、構成力、表現力などの勉強は日々欠かせないです。

 

 

そして顧客のニーズに応える力も必要で、自己満足で終わらせないためにも、今何が必要とされているのか?何に需要が集まっているのか?は、日頃からアンテナを張り巡らしていく必要があり、仕事にかかわる人達とのコミュニケーションや人脈は広げていかなければ成功には結びつかないのです。

 

 

しかし長続きさせるためには、まずは楽しみながら仕事することができるのかが重要で、毎日楽しく工夫しながら業績を上げることが大切になってきます。

 

 

 

 

 


まとめ

フィルムクリエイターの需要と供給を考えてみると、これからますます需要が高まる中、いち早く供給していかれれば、まだ未知の世界である分野なので、上手くいけば収入も右肩上がりになり、楽しくできる仕事として生活に張りが出てきて、モチベーションのアップも間違いないと思います。

 

 

日頃から地道にコツコツ努力を惜しまなければ、成功をつかみ取ることはできます。

 

 

フィルムクリエイター、奥が深そうな仕事ですね^^

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました