熱中症対策と新型コロナ対策 エアコンをつけて換気を!

生活

夏の暑さと、新型コロナウイルス感染防止用のマスク着用で、昨年以上の熱中症対策が必須になってきている今日この頃です。

外出時には必ずこまめに水分補給するために、飲み物を携帯することがおすすめです。

室内では換気を!

熱中症予防のためにエアコンをつけ、暑さを我慢することなく快適な温度設定で日中過ごすことが、ストレスからも解放されて、体力消耗もすることなく最適だと思います。

 

新型コロナ対策で、時々換気しながらも、涼しい部屋で過ごす時間を作ってみましょう。

 

 

 


換気時にはエアコンは止めた方が良い?

 

こまめな換気のために、せっかく部屋が最適な温度で涼しくなっているのに、窓を開けるのはとても残念です。

 

 

でも大丈夫!

 

 

空調機器の業界団体の呼びかけでは、窓を開けて換気する時も、エアコンをつけたままでOKということなので心置きなく換気ができます。

 

 

 

またそのほうが消費電力が抑えられ、効率的なのです。

 

 

通常の家庭用エアコンは、部屋の空気を循環させるだけで、換気の機能はついてないので、コロナ対策にはエアコンをつけた状態で、換気を行うことがベストです。

 

 

 


エアコンの消費電力

エアコンは電源を入れた時に、室温を急激に上げ下げするために、最も電力を使います。

 

 

上げすぎず下げすぎずで、一定の温度に保ちながら付けっぱなしにしている方が、消費電力を抑えられるというわけです。

 

 

 

帰宅して室内にこもった空気を、一旦換気で入れ替えしてからエアコンをつけると、暫く換気する必要がないので、良いと思います。

 

 

 


まとめ

新型コロナ対策で神経質になっているので、昨年同様35度超えの夏日が続いたらどうしようと、今から考えてしまいます。

 

 

昨年はヨーロッパの気温も上昇して、異常気象でしたね。

404 NOT FOUND | 「カフェちっくな 日常会話」
お役立ち情報や最新情報を、ゆったりカフェにて毎日発信中~ 是非日常生活にお役立てください(*^-^*)

 

 

外出時には日除けの帽子や、日傘、クールマスクを着用して、こまめな水分補給をして、家に帰ってきたら手洗いうがいに心がけ、部屋の換気を十分してからエアコンを入れるなどの対策をすると良さそうですね。

 

 

一人一人の少しの努力で、暑い夏も安心して過ごせると思うので、周囲の人の配慮もしつつ、この夏を乗り越えていきたいですね。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました