リモートワークとテレワークの違い  利用する外国人のメリット・デメリットとは?

アプリ

今や国民の仕事に定着しつつあるリモートワークですが、会社でも急きょリモートワークを導入し、求人情報に掲載している部署も目立ちます。

パソコンやスマホの基本操作ができ、メールやExcel・Wordを使った事務処理や、電話でのコミュニケーション能力がある人材を採用しています。

メールや電話から、相手の思っていることを読み取り、それに対して的確な回答を相手にわかりやすく伝える能力が必要になってきます。

そのためリモートワークとテレワークを、よく耳にするようになってきました。

 

どのような違いがあるのか見ていきましょう!

 

リモートワークとテレワーク

 

「リモートワーク」は会社から離れた場所で働く遠隔勤務のことを言います。

 

 

一方「テレワーク」は、「場所や時間を有効に活用する柔軟な働き方」という定義で、しっかり時間が明記されているということになります。

 

 

やはりお互いの時間で仕事を進めていくことになるので、重要ポイントになってきます。

 

 

在宅勤務になり、自由に時間をコントロールできる利点はありますが、特に日本語に不便している外国人労働者が、どのようなメリット・デメリットを抱えているのか気になります。

 

 

 

 


リモートワークのメリット・デメリット

 

メリット

 

満員電車に乗ることがなくなり楽になり、自分の時間も増えた

 

静かに仕事ができるので、集中して早く進めることができる

 

ラフな格好で仕事しても、誰も見ていないので楽

 

食事を取りながらデスクワークができるので、仕事が捗る

 

 

 

デメリット

 

仕事内容で隣りの同僚に聞きたいことも、メールや電話、zoomなどで聞き、相手の返事待ちになるので時間がかかる

 

 

周りに誰もいないので、会話もできずに寂しい時がある

 

言葉の壁があり、メールでの日本語変換や、電話での理解が難しい時がある

 

 

 

以上のように外国人労働者にとっては、言語能力も必要になってくるので、かなり大変な作業になってきているようです。

 

 

 

 


まとめ

リモートはzoomやLINEビデオなど使って、仕事以外でも活用されるようになってきましたが、その環境になれるまでは大変なことが多いようです。

 

リモート会話については、こちらの記事もご覧ください。

 

404 NOT FOUND | 「カフェちっくな 日常会話」
お役立ち情報や最新情報を、ゆったりカフェにて毎日発信中~ 是非日常生活にお役立てください(*^-^*)

 

 

リモートワークが増えてきて、コミュニケーション能力以外にもライティング能力が必要になってきているので、今後はライターさんの活躍する場が増えてきそうです。

 

 

文章だけで、相手に自分の伝えたいことをわかりやすく説明できることは、神経を使う仕事には重要不可欠だと思うので、優れたライティング力が優遇されていくと思います。

 

 

時代は着実に変わっています。

 

 

その環境の変化に少し敏感になって、新しいものを取り入れながら進めていきたいですね。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

その他、お役立ち情報なども是非、ご覧になってみてくださいね^^

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました