水道管、破裂??

最新情報

2018年01月26日の出来事です。

今日は朝目が覚めて、顔を洗おうと蛇口をひねったけれど、水が凍っているらしく、チョボチョボしか出てこない状態で、本当に大変でした。
そして、いまだにお湯は出てきてくれないので、お湯を沸かして対応している状態です。

どこかで仕入れた情報ですが、今年の冬はとても寒く、夏は暑くなると言われています。
たぶん前線の影響だと思うけれど、温度差があまりなく身体に負担なく楽な年もあれば、昨年の暮れから今年にかけてみたく、とっても寒くてつらい年もあります。

東京都心 最低気温 -3.1℃

もう聞いただけで身震いしてしまい、今年の冬を越す大変さを、ひしひしと感じています。
こんな時、冬眠中のクマさん達は、どんな生活を送っているんだろう?・・・そんな普段は考えることもない心配が、頭をよぎるような大変な寒さです。

あちらこちらで、水道管が凍結して破裂するトラブルが続出し、外を這っている水道管に亀裂が入り、水が噴き出しているという通報がよせられて、水道屋さんは大忙しな状態です。
修理依頼の注文が入ることは喜ばしいことだと思うけれど、同時に水道管の修理依頼が入るのは、それも緊急を要する作業は、厳しいんじゃないかとテレビを見ていて思いました。

修理代金としては、だいたい1万円ということで、大雪が降っても水が凍っても、気温が下がることで起こるトラブルには、いろいろと諸費用がかかるんですね?
逆に今年の夏は昨年と同じく猛暑のようなので、各家庭で一斉にエアコンを使って電気代もかかり、ますます地球温暖化に繋がってしまいます。

今朝の寒さは、身が引き締まるような冷たさで、水道の水が出てこない他に、エアコンのスイッチを押しても熱風が出てこないということがありました。
これは室外機に霜が降りて動作していないので、自動で霜取り運転をしているということで、その作業が終わらないとエアコンが使えないという説明を、テレビで報じていました。

確かに我が家のエアコンも、全く開く様子がなく、寒さで固まってしまっているみたいです(^^;)

先ほど、ガスファンヒーターを付けたのですが、こんな時はガスファンヒーターって便利なんですね?やっと部屋が温まってきて、身動きがとれるようになりました。
石油ストーブや電気ストーブ、電気こたつや電気カーペットなど、暖を取る手段は他にもいろいろあるけれど、どれか一つ使えないだけでも不便だということがよくわかりました。

水道管の凍結に関しては、自然に溶けるのを待つか、タオルを管に巻いて、その上からぬるま湯をかけて溶かすのがベストな方法みたいです。

直接熱湯をかけるのはNGで、水道管に亀裂が入るなど危険なので、決してやらないでください!・・とのことでした。

自然と隣り合わせの生活なので、生きていく為にありとあらゆる状況に対応していける環境が必要なんだぁ~ということを、実感した朝でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました