スポンサーリンク

コロナ禍で収入がゼロ!この業界は終わった・・・仕事の依頼が入らない配膳スタッフの嘆き

仕事

コロナ感染拡大により仕事を失い収入ゼロになり、年齢から宅配デリバリーの仕事や、覚えることが多く夜間シフトもあるコンビニ定員など、働き出しても長続きしない状態で現状は大変です。

 

ホテルの宴会場やレストランのホールスタッフなど、料理を配膳する仕事に勤務していた人は、コロナの影響で職を失っています。

 

スポンサーリンク

東京オリンピックを控え、配膳スタッフ確保

 

2020年が始まったばかりの頃には、夏に東京オリンピックも控えていて、どうやってスタッフを集めようかと考えていたそうです。

 

 

 

海外からのお客様の接客もあるので、学生アルバイトを補填して、お客様に失礼のないように指導係を雇用しようと考えていました。

 

 

 

ミスしてお客様の洋服を汚してしまったり、失礼な言動で怒りをかわないように、丁寧な接客態度を身に付けるための指導係の存在は必要になってきました。

 

 

 

 

もし事を起こしてしまったら、クレームは全てホテル側にいきます。

 

 

 

ホテル側も宴会の予約が例年以上に入っていたので、人手不足になるのが目に見えていて人材確保のために動いていました。

 

 

 

 

 


3月くらいから一転してキャンセルの連絡が・・・

 

 

 

3月まではバタバタと対応に追われていましたが、3月に入ってからは予約していたお客様からキャンセルの連絡が入り、3月末には全く仕事がなくなってしまったのです。

 

ホテルの宴会などで、料理の配膳を任せられている配膳スタッフを派遣する、人材派遣会社の社員数は少ないですが、配膳スタッフの登録者数が数百人いるので、ホテルから依頼が入ればスタッフを結婚披露宴会場やパーティー会場などに派遣する「配膳会」と呼ばれている派遣会社が対応することになります。

 

 

 

しかしコロナの影響でその仕事も無くなり、配膳スタッフの中には、

 

 

「この業界は終わった・・・」

 

 

 

とまで呟いている人もいます。

 

 

 

 

 


定額給付金や雇用調整助成金で乗り切る

 

仕事の依頼が入らなくなれば、他にアルバイトや10万円の定額給付金や、雇用調整助成金を申請して、それで乗り切る手段しかありません。

 

 

 

他にも持続化給付金など、申請資格があるのか調べてみても良いと思います。

 

 

 

 

 


コロナ禍で得する人達も・・・

 

「GO TO トラベル」キャンペーンを利用して、長期休暇中に旅行を楽しんだ人達もいます。

 

 

 

以下をご参考に読んでみてください。

 

404 NOT FOUND | 「カフェちっくな 日常会話」
お役立ち情報や最新情報を、ゆったりカフェにて毎日発信中~ 是非日常生活にお役立てください(*^-^*)

 

 

 

 

 


まとめ

職業によっては、全く依頼がこなくなってしまった業種と、逆に今まで必要とされていなかった物(マスク・消毒液・アクリル板・制作用の生地やゴムなど)が高値で取引されている状態です。

 

 

配膳スタッフも派遣会社に登録されていて、必要な時はその登録者名簿から人選して仕事にあたってもらうシステムなので、登録者は期待しなで待っていれば良いと思うのですが、その会社に勤務している社員は、依頼が入らなければ失業ということになります。

 

 

 

コロナにより廃業してしまう職業もあれば、政府が出した「GO TO トラベル」キャンペーンを利用して、旅行を楽しむことができる職業の人達もいます。

 

 

 

今後どのような仕事につけば安泰なのかを、考える良い機会なのかもしれません。

 

 

 

難しい世の中ですが、また元の生活に戻れる時を待って、今は自粛しながら過ごしたいと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました