スポンサーリンク

人間関係と価値観の違い・・・「転職」仕事を変わりたい・変化を求めている人が増加

仕事

現職から新たな仕事に変わりたい、しかし転職しても上手くいかなかったらどうしようと不安は尽きることはないくらいに、人間関係と価値観の違い仕事に対する温度差など、例え自分がやりたかった職業につけたとしても毎日楽しく仕事ができるわけではありません。

 

仕事探しも、性格診断や自分にピッタリあった職業を探す適職診断を受けたとしても、その職場の環境に慣れなければ長続きはしないのです。

 

 

転職しても夢崩れる場合もあるので、慎重に仕事探しをするのが良いですね。

 

 

転職して思うようにいかず、出戻り就職してまたまた苦悩を抱え込んでしまった、総合商社に勤める人もいます。

 

 

 

その転職失敗例については、こちらをご覧ください。

 

404 NOT FOUND | 「カフェちっくな 日常会話」
お役立ち情報や最新情報を、ゆったりカフェにて毎日発信中~ 是非日常生活にお役立てください(*^-^*)

 

 

今回は新職場に、どのような人達が勤めていれば少し安心できるのかを見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

いろいろな価値観のある人達が集まる職場

 

年齢層も20代~60代と、男女それぞれ平均的に集まっているような職場は仕事していく上でベストです。

 

 

50、60代のベテラン職員がいると、年の功で日常生活で困っていることも相談でき、バリバリ働けなくても頼れる存在であり、なぜかホッとできます。

 

 

人にもよりますが、片っ端から人の失敗を指摘するような職員も中にはいるかもしれませんが、あまり気にせず老婆心からきているものだと思えば気も楽になります。

 

 

また30、40代の中堅どころは、これからの職場を担っていく重要な存在になっていくので、プロ意識をもって努力していく年代になります。

 

 

そして20代はまだ新人扱いで、どんなにしっかりしていても世間知らずなところは必ずあります。

 

 

これからいろいろなことを学んでいかなければならないので、先輩職員に聞きながら仕事も人生も学ぶことができるのです。

 

 

このように年代がバラバラで形成されている組織は、昔の大家族の家のようにそれぞれの役目が分散されて逆にまとまりやすいのです。

 

 

 

 


転職するなら年齢層と性別も考慮して

 

 

以上のように、年齢層がバラバラであれば、40代で新人として就職しても、60代の人まで働いていればわからないことを気兼ねなく聞くことができます。

 

 

 

20代がほとんどの若年層の職場に入れば、いい大人がそんなことも知らないの・・・と思われ無視されることも多いと思います。

 

 

 

またその年代の価値観の違いも、明確に仕事に反映されてくるので要注意です。

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

一日の3分の1は職場で過ごすことになるので、居心地の良い環境は必須です。

 

 

よくその職場を見極めて、

 

 

自分に本当に合っているのか・・・

 

 

今職場を移っても大丈夫なのか・・・

 

 

 

をよく吟味してから行動に移すと良いですね。

 

 

 

仕事に打ち込める環境は重要です。

 

 

人間関係は健康にも繋がります。

 

 

失敗しない就職を目指していきたいですね。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました