スポンサーリンク

銀行から預金引出し被害が・・・ドコモ口座新規登録停止で一安心?口コミ反応はいかに

事件・事故

銀行などに預けていたお金が、不正に引き出された被害がNTTドコモが所有する「ドコモ口座」で発生し、サービス対象の35行全ての銀行のドコモ口座の新規登録を停止しました。

 

ドコモは利用者の本人確認が不十分だったことを認め、被害にあった預金者への補償としては、ドコモと各銀行が話し合い後に決定するようです。

 

 

そういえば最近NTTドコモから、携帯の契約確認の電話をもらったばかりで、以前から他社契約で使用していて今回初めて電話確認があったので、今回の被害とは無関係だとは思いますが、異例の動きに気になっていました。

 

 

今回ドコモの対応について、契約者を含み批判のコメントがネット上に掲載されていたので、一部紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ドコモに対しての批判コメント

 

利用者の本人確認が不十分ということから起きてしまった事故なので、このような犯罪行為をする人間がいると見越して、前もって対策を練っておくべきでした。

 

 

問題の経緯や被害、対応状況や今後の防止策など、しっかりと取材して報道してもらいたいです。

 

 

 

自分も使っている銀行の名前が載っていたから不安で、新規開設はできなくしても、もう口座を作られてたら危険だと思います。

 

 

 

やはり預金口座から、ダイレクトにチャージするのはリスクがありそうなので、コンビニチャージで行こうかと思いました。

 

 

 

競合(他の通信事業者)に遅れを取りたくないから、下調べもなく見切り発車してしまうのだと思います。

 

 

 

このようなレベルの会社が、通信事業者だから、ファーウェイを使ってなくても信用できないです。

 

 

ファーウェイとは、中華人民共和国深圳市に本社を置く通信機器大手メーカーのことです。

 

 

 

 


人気の通信事業者

 

上記のような批判コメントはありましたが、大手携帯会社3社の人気では、ダントツでドコモが1位でした。(2019年3月調べ)

 

 

普段メインで利用している携帯電話やスマホの通信事業者は、

 

 

ドコモ 33.8%

 

au  26.1%

 

SoftBank  19.2%

 

 

という結果になっています。

 

 

 

 


まとめ

 

大手の通信事業者にも、落とし穴があったということで、使用する私たちも安心して利用することができなくなってきました。

 

 

大手の通信事業者が口座開設時に、本人確認ができていないという初歩的なミスをおかしていたなんて、ちょっと信じられないですよね。

 

 

 

今回のような預金引き出しの被害が出てしまったことが、今後どのように人気ランキングに影響していくのか気になるところです。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました