(お手軽)お家での防寒対策 リーズナブルにお部屋を暖かくする方法とは?

生活

防寒対策をしていく季節になり、少しずつ寒い冬を越す準備をしていく中で、暖房するため光熱費がかさんでいくのが気になり、お手軽に暖かくする方法はないかと調べてみました。

 

調べていくうちに、意外と近くにある物や手軽に購入できるもので、室内の温度を上げることができることがわかってきました。

 

防寒対策

 

よく褞袍(どてら)と湯たんぽ、そしてコタツや石油ストーブで、50年くらい前は冬を越すイメージがありましたが、今でもコタツや石油ストーブを使っている家はあり、家の中でぬくぬくするために、モコモコのカーデガンやセーターやパーカーを着て、やはりモコモコの靴下にモコモコのスリッパを履き、首にはネックウォーマーやプチマフラーを巻いて過ごしている人が目立ちます。

 

 

今は100円ショップや3コインズなどで、モコモコ製品が多数出ているので、お店を覗いてみるのも良いと思います。

 

 

 

 


外気をシャットアウト!

 

 

せっかく暖房をして部屋が暖まってきても、外気温が低く隙間風が入ってくると、一気に部屋の温度が下がってきてしまいます。

 

 

電気代もかかり、その割には部屋は暖かくないという残念な結果が待っています。

 

 

 

外気をシャットアウトするために色々な工夫がありますが、お手軽にできるのは、窓枠の隙間を塞ぐことで、まずはクッションテープを使って、隙間風が入ってこないように塞いでいきます。

 

 

時間もそれほどかからないので、おすすめです。

 

 

 

他に夜間だけ、窓ガラスにアルミシートに両面テープを四隅につけて貼るのも、お手軽で良い方法です。

 

 

 

 

 

 


カーペットを暖かい素材に!

 

カーペットの素材を毛足の長いものに変えるだけでも、モコモコして暖かい空気を逃さなくて、いつまでも暖かく過ごせます。

 

 

しかしカーペットを購入するのはお金がかかってしまうので、毛布を今使っているカーペットの上に重ねるだけでも暖かくなります。

 

 

 

モコモコ靴下を履けば、なおいっそう暖かいですね。

 

 

 

夜は湯たんぽにタオルを巻いて、布団に入れて寝るとポカポカして、眠りが良いです。

 

 

 

今は電子レンジで温めて、クッションの中に入れて使うものも売っているので、利用すると良いと思います。

 

 

 

 

 


生姜湯を飲む!

 

生姜は体の芯まで温めてくれるので、生姜入りドリンクを飲んで寝るのも良いと思います。

 

 

 

市販にも生姜湯があるので、それを取り入れてみるのも良いですね。

 

 

 

 

 


まとめ

 

シンシンと冷える冬には、風邪やインフルエンザが流行する季節でもあり、今年は新型コロナウイルスなどの心配もあるので、お家時間はなるべく暖かくして過ごしたいですね。

 

 

 

食べる物も、体が温まるお鍋やおでんなどが良いと思います。

 

 

 

 

秋から冬にかけ、食べるものが美味しい季節なので、食べ過ぎてしまいそうですが、体に注意しながら温かい物で心も温まりたいと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました