(必見)成功する人と成功できない人の違いは? 成功するために努力する人は全体の2割

仕事

「努力は必ず報われる」「努力は人を裏切らない」の言葉のとおり、努力し続けることは大切で、成功している人達はみんなそれなりに努力し続けています。

 

しかしいくら努力していても、一向に成功の結果にたどり着けない人もいます。

 

これは努力している方向性が、成功への道と違ってしまっているからであり、しっかり成功への道筋ができていれば、それに向かって少しずつ努力していけばたどり着きます。

 

 

そして「パレードの法則」が深く関係していることも、成功への鍵なのです。

 

 

今回は成功する人、成功できない人にフォーカスして、いろいろな視点から考えてみようと思います。

 

パレードの法則(ウィキペディアより)

パレートの法則は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した、統計に関する法則です。

 

 

経済において全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論からなっています。

 

 

そしてそれは、「80:20の法則」「ばらつきの法則」とも呼ばれています。

 

 

 

 

以上のように、世の中の事象はほとんどが、80対20の割合で分けることができるということなのです。

 

 

例をあげると、会社の売上の8割は、2割の社員で生み出されていることや、お店の売り上げは、8割の初回客ではなく、2割の優良顧客(リピーターさん)が占めていることや、仕事の成果の8割は、費やした2割の時間から成り立っているということです。

 

 

 

 


努力している人は全体の2割?

 

 

全体とは自分が属している組織(会社や学校など)のことで、本当に努力している人は全体の2割だけということであり、残りの8割の人達は努力に値しない努力をしていることになります。

 

 

成功するまでにはそれなりの歳月がかかってきますが、その間どれだけそれに情熱を傾け努力することができるのかで、成功する人、成功できない人に分かれてしまうようです。

 

 

プロ野球選手やアスリート、ピアニストなど、有名になって活躍できるようになるまでには、長い年月を費やし毎日正しい練習法に沿って努力を重ねています。

 

 

 

ほんの一握りの成功者になるためには、やはり地道な努力が必要だということなのですね。

 

 

 

 

 


成功する人、成功しない人の特徴

 

 

 

大変気になる部分になりますが、努力意外にこのような原因があるようです。

 

 

成功する人

 

まずは行動してみる

 

目標を決めたら継続する

 

問題点が出たら改善する

 

物事に対し追求し、分析する

 

 

 

成功しない人

 

なんとなく仕事をこなしている

 

私情を優先させる

 

頭で理解していても、行動に移さない

 

中途半端で終わる

 

 

 

以上を見比べてみると成功する人は、行動してそれを続けながら改善したり、分析したりとかなりの努力がわかります。

 

 

それに比べ成功しない人は、プライベートを優先させて、仕事に対する意気込みは全く感じられません。

 

 

 

その他、成功しない人は、失敗した時は必ず他人のせいにして、自分の非を認めようとしなかったり、相手の意見に耳を傾けることなく、自分の意見のみを通そうとする姿勢が見られます。

 

 

 

 


まとめ

 

成功している人は、人間ができてるというか、周囲との調和がしっかりできていて、それでいて物事への追求する気持ちと、改善していこうと努力している態度が見うけられ、こちら側も協力してあげたくなります。

 

 

いつでも感謝の気持ちを忘れずに相手の立場になって物事を考えていくことは、とても素晴らしいことだと思います。

 

 

 

そのような考えの人達が増えていけば、成功する人が増え、日本は今よりもっと住みやすい国になっていくと思います。

 

 

 

「努力は必ず報われる」「努力は人を裏切らない」

 

 

 

周囲の人達の協力を得ながら、これからも努力していきたいと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

その他関連記事も、是非読んでみてくださいね^^

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました