スポンサーリンク

(大打撃)韓国明洞からユニクロ撤退! 中国からキムチが逆輸入~

世界情勢

2020年1月31日が最終日となった、韓国明洞にある「ユニクロ」が9年間の幕を閉じ、コロナ禍で他店も閉店していく最中の出来事で、韓国国民にとっては低価格の中国産キムチの逆輸入と並ぶ大打撃となりそうです。

 

 

2019年夏から、韓国の左派市民団体が「NO JAPAN」運動と称したキャンペーンを続けてきて、その中に「日本製品不買運動」というものがあり、日本製のものは一切購入しないという、米元トランプ大統領が日本車を輸入しないとした政策に似ていることが実感できました。

 

 

韓国に拠点を置く、インターネットサービス会社「NAVER(ネイバー)」に掲載された記事にも、

 

「ユニクロ、大韓民国の心臓部から退く」という見出しで掲載されていました。

 

 

ユニクロを愛用していた韓国人は少なからずいて、明洞の一等地に構えていたユニクロが無くなったことによって活気が半減し、コロナ禍で勢いが無くなっている時に、他店も次々閉店に追い込まれている状態なので、打撃は大きかったと見ています。

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

韓日経済戦争

 

20世紀に各国で起こった領土争いの戦争では、韓国は日本の下に位置した状態でしたが、21世紀に入り経済戦争が始まり、超大型店であるユニクロが韓国から撤退することになったことで、韓国側は経済戦争には勝ったという考えでいるようです。

 

 

 

 

 


NAVER(ネイバー)のコメント欄には?

 

 

「ユニクロ」はそんなに安くもないし、服のセンスがあるとも言えないし、価格やクオリティが同じであれば、国産のSPAで購入した方が良いと思います。

 

 

コロナ禍で、実店舗に収益が出ないから閉じたと思います。

 

 

オンラインモールはSOLD OUTしているし、プレステ5も在庫なくて買えないくらいだったから、不買運動の影響は少ないと思います。

 

 

ユニクロが撤退して競争相手がなくなったから、これから韓国のファストファッション「SPA」の価格が上がっていくだろうね。

 

 

コロナや中国産キムチの件もあるのに、中国の不買運動はなぜやらないのですか? 

 

 

 

 

 


中国産キムチ

キムチと言えば韓国というくらい定着した食材ですが、実は韓国の定食屋ではキムチは無料で出しているところが多く、韓国のキムチより中国のキムチの方が安いので、中国から輸入されるキムチをお店に出しているところが多いのです。

 

 

Tik Tokで中国女性がキムチを漬けているシーンがあり、それを見た韓国女性は、キムチは韓国のものだからと一時騒動になったりもしましたが、実際は中国のキムチは安いので重宝している韓国人もいて、結局大量生産できる中国には勝てないことがわかります。

 

 

 

 


まとめ

 

日本でも中国産の食材や衣類などを輸入していて、その点中国に助けられているので、韓国の定食屋さんの気持ちはよくわかります。

 

 

 

 

無料で提供するキムチを高いお金を出して買っていたら、赤字で商売にならないと思うので、つい安価な中国産キムチをあてにしてしまいます。

 

 

 

韓国明洞でのユニクロ撤退も、活気がなくなり経済が沈んでいくので、韓国にとっても大打撃だと思います。

 

 

 

コロナの影響はいろいろなところに出ていて、本当に経済を見直す時期にきていると実感します。

 

 

 

近隣の国とは仲良くやっていければと思いますが、なかなか難しいのかもしれませんね。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました