もう暑すぎる~~ なんとかならないのかな? 熱中症対策グッズ大集合! 冷え冷えは気持ちいいね。

生活

熱中症で倒れる人が続出し、毎日高温多湿で何もしなくても汗がにじみ出てくる、そんな時は冷んやりアイテムが必需品になり、いつも備えておきたい熱中症対策グッズで、猛暑の夏を乗り切りたいですね?

 

暑い夏の食べ物としては、冷んやりかき氷や、スイカ、アイスクリーム、フルーツパフェ、ところてん、アイスがのったあんみつ、ゼリーや水ようかんなどのデザートも良いし、お昼には冷やし中華などサッパリしていて良いかもしれませんね?

花火大会の会場の屋台で売っている、冷やしきゅうりも美味しくて良いのですが、食中毒などの話しを聞くと、ちょっと考えてしまい、選ぶのがなかなか難しいですね?

 

 


では、熱中症対策グッズにはどんなアイテムがあるのでしょう?

参考になりそうなアイテムがあれば、明日にでも使ってみようと思います。

 

1、冷感冷んやりタオル

2、冷んやりネックールとクールベルト

3、熱中対策スプレー

4、冷んやりハット

5、熱中対策水

6、熱中症対策スポーツタオル

7、携帯扇風機

8、塩飴

9、冷んやりシート

 

 

この他にも外回りの仕事をされている方や、日雇い労働者の必須アイテムなどもありますが、全て冷んや~~りできる物が多いので、見るからに涼し気で良いですね?

 

 

 


熱中症はどうして起こるの?

夏の暑さや炎天下にいて具体が悪くなったりする症状を以前は、日射病と言っていましたが、他にも熱疲労熱けいれんなど、身体に熱がこもって症状が出る状態で、その時の症状の度合いに寄ってわけられていましたが、今では熱中症と言う言葉に統一されています。

 

真夏の暑い環境や体温が下がりにくい環境にいると、身体の中に熱がこもり気分が悪くなったり頭痛がしたり、脱水症状になり倒れてしまう場合もあります。

外気温の上昇によって熱中症になる場合もあり、室内でも蒸し風呂状態のところに長く居ると、体温が上昇し熱中症を引き起こします。

 

特に体力のない幼児やお年寄りは、注意が必要です。

 

 

 


まとめ

やはりこまめに水分補給をして、身体の内側の熱を外に逃がし、体温を下げるようにすることで回避されるので、早め早めの対処がとにかく良いのです。

熱中症にならないように、エアコンを入れて室内の温度調節にも気を配りたいですね?

 

楽しい夏休みが迎えられるように、皆さん健康には十分気をつけて頑張りましょうね^ ^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました