(美容と健康)自食作用「オートファジー」でダイエット効果とアンチエイジング効果で若返りを目指そう!

運動やバランスの良い食生活をおくり新陳代謝が活発になると、美容と健康を手に入れることができ、ダイエット効果やアンチエイジング効果で気持ちも軽くなり、見た目も若返ってくるので嬉しいことが続きます。

最近では16時間の断食(だんじき)をすることにより、体内を綺麗にお掃除してリフレッシュできることが注目されています。

「オートファジー」と呼ばれるもので、人体の古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせるという仕組みで、自食作用とも呼ばれ、壊れた細胞をお掃除してくれるので、体の内側から生まれ変わることができます。

8時間は何を食べても良くて、残りの16時間を断食することで、細胞内の変性タンパク質や不良ミトコンドリアや、細胞内に侵入した病原性細菌などを分解して浄化する働きにより、体の内側を綺麗に掃除してくれるので、16時間の断食を実行すると代謝も良くなり健康的な体になります。

オートファジーとは?

酵母や植物、そして動物など全ての真核生物に備わっている細胞内の浄化やリサイクルシステムのことです。

細胞が自らの一部を分解する自食作用で、細胞内の部品を膜で取り囲んで元の材料に分解していきます。

タンパク質などをアミノ酸に分解するので、新たな部品の材料としてリサイクルされると考えられています。


ファスティング(断食・絶食)は継続で、成果を得られる

体にとても良い断食は、何日間も水や食べ物を口にしないやり方よりも、8時間好きなものを食べてから、16時間空腹時間を設けるというファスティングを、上手に生活に取り入れていき継続していくやり方が、長続きして効果を実感することができます。

精神的にも無理は禁物で、ストレスを溜め込まないやり方を継続していくことが、ダイエット効果やアンチエイジング効果が得られます。


ファスティングに筋トレをプラス

1日の摂取カロリーが目減りすることで筋肉量が落ちてしまうこともあるので、負担にならない程度の筋トレを入れていくと、理想の体型を手に入れることができます。

空腹時間はとにかく、脂肪を燃やして健康的な体作りに励めると良いですね。


まとめ

身も心も軽くなって、おまけに若返ることができるのだから、睡眠時間を含めた16時間の断食はやってみる価値はありそうです。

空腹の時間がくると、どうしても簡単に摘めるお菓子などに手がいってしまいがちですが、健康になるため、若返るためと自分に言い聞かせて、16時間の断食を決行することで効果が表れると思います。

お腹の中を一度空っぽにして、スッキリとさせてみてください。

少しずつでも実行に移していって、健康的な生活をおくっていきましょう!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました