17ライバーがかわいい! YouTubeでライブ配信など、今ライバーがドレンディーな職業に

アプリ

「ライバー」と呼ばれる⼈々が、コロナ禍の今注⽬されていて、トレンディーな職業になりつつあり、17ライブの17LIVE(イチナナ)ライバーさんで超かわいい人が多いと評判で、ユーザー(視聴者)は配信を心待ちにしている状態です。

 

 

今回はライバーの収益化される仕組みと、ライブ配信アプリについて調べてみました。

 

収益化する仕組み

 

ユーチューバーなどは、YouTubeでライブ配信をしていく中で、ユーザー(視聴者)から投げ銭(スーパーチャット)をしてもらい、ライバーはライブ配信アプリを使ってライブをしていく中で、投げ銭やギフトやポイントなどを、ライブ配信することによってユーザー(視聴者)から獲得し、換金することで収益を得ることができる仕組みとなっています。

 

 

スーパーチャット は、YouTubeのライブチャットや動画の公開時に、チャット欄で自分のメッセージを目立たせるために購入する機能としてあり、またユーチューバーを応援・支援するために、ギフティング機能の一つである投げ銭(スパチャ)で、そのコミュニティーを盛り上げていきます。

 

 

 

それまでのユーチューバーは、ユーザーが自分の配信動画を見ると動画中に流る広告で、広告収⼊を得るようなシステムだけでしたが、「スパチャ」から収益を得ることもできるようになり、売れっ子ユーチューバーは1時間でかなり稼ぐことができるようになりました。

 

 

 

 

 


ライバーとは?

 

ライバーはライブ配信アプリや、⽣放送アプリと呼ばれるカテゴリーのアプリを使って「ライブ配信をする⼈」を示していて「ライバー」と呼ばれています。

 

 

この分野で活躍するトップライバーたちは、若者の憧れの的であり、プロのライバーとして生活している人たちもいます。

 

 

 

ユーザー(視聴者)は無料ギフトを投げて、抽選で有料ギフトをもらえたりなどして、中に入っているアプリサイトの運営によりそれぞれ変化があり、無課金の人でもライバーへギフトすることができる嬉しい機能がついています。

 

 

 

 

ライバーが手に入れた有料ギフトは、現金に換金することができるので、それがライブ収益になります。

 

 

 

「投げ銭」や視聴回数による「ボーナスポイント」、そして期間限定のイベント参加による「プライズポイント」などいろいろなタイプがあり、それぞれ楽しむことができます。

 

 

 

 

 


17LIVE(イチナナ)ライバー

 

 

17LIVEのライバーは女性が多く、それも超かわいいと評判のライバーさんには大勢のファンがつき、1回のライブ配信でかなり高額の収入を得られるようで、若い子たちの間で話題になっています。

 

 

 

ラクして稼げるのではなく、自分の得意としている分野をアピールすることにより、それに共感してくれたり、憧れを持っている人たちがユーザー(視聴者)として見にきてくれるのです。

 

 

 

2019年9月からスタートしたライブ配信アプリの17LIVE(イチナナライブ)が、日本のライブ配信市場の大半をシェアしている状況です。

 

 

 

 

 


まとめ

 

ライブ配信アプリには17Live(イチナナライブ)の他に、SHOWROOM(ショールーム)やPococha(ポコチャ)、MixChannel(ミクチャ)やLive.Me(ライブミー)、LINE LIVE(ラインライブ)やMeMe Live(ミーミーライブ)、Mirrativ(ミラティブ)などがあり、それぞれの特徴を生かしながら、人気を持続している状態です。

 

 

 

ユーチューバーという職業が世に出てきてから、それほど時間が経たないうちにライバーという職業が誕生し、「将来なりたい職業ランキング」にもきっと上位に表示されるようになると思います。

 

 

 

これからは自分で仕事を作り上げる時代です。

 

 

いろいろと試してみるのも楽しいですね。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました