不眠症で「眠れない」不安や、ストレスでメンタルと肉体的疲れ 快眠トレーニングとは?

心理

ストレスによる心の疲れや体の疲れから、不眠症になり「夜、なかなか眠れない」という人が急増し、眠れない不安から精神的メンタルとその心理で、精神科・心療内科を受診される人も少なくなくなり、深い眠りにつく快眠の指導や、眠剤を処方してもらったり、トレーニング法や悩み相談などをして不安を取り除いている人が多くなってきました。

健康の条件に「快食、快眠、快便」という言葉があるように、バランスの良い食事を毎食、美味しくいただいて、何も考えずに深い眠りにつき、しっかりお通じがあるスッキリとした朝が迎えられることが健康である証拠です。

誰かに悩み相談でき、少しでも解決することができれば、不眠症の悩みから解放されるかもしれませんね。

今回は不眠症に悩む人の立場から、その解決法について調べてみました。

不眠症とは?

入眠障害や中途覚醒、また早朝覚醒や熟眠障害など、1ヶ月以上眠れない悩みを抱え、日中に倦怠感ややる気がなくなり、集中力も低下し、食欲不振や体の不調などが次から次へと出てくる症状を不眠症と言います。

不眠症の原因は、日頃のストレスや精神的・肉体的な悩みと、処方されている薬が合わなかったり副作用が出たりと様々で、その原因を追究し適した対処法が必要になります。

不眠に悩まされている人は、日本の人口の約20%と言われています。


睡眠の必要性

よく眠ることで一日の疲れを取り、睡眠は英気を養う時間として一日の内の約1/3の時間を占めています。

睡眠時間が短くても、集中的にぐっすり眠り疲れを取る人と、8時間以上の睡眠でやっと疲れが取れる人と個人差はありますが、歳をとるにつれ眠りが浅くなったり、朝早くに起きてしまったりと睡眠時間も変化していきます。

体内時計がしっかり動くようにするためには、やはり十分な睡眠が大切です。


快眠トレーニング

ストレスの多い社会なので、次から次に自分にとっての問題は発生しています。

少しても疲れを取ろうと、あれこれ試してみても、なぜかどれもしっくりこなくて、それもまたストレスの原因の一つになり兼ねないのです。

日頃あまりスポーツに縁のない人は、少し軽く体を動かすようにして、毎日の日課にしてみるのも良いと思います。

ぐっすり眠るためのトレーニングだと思って、ストレッチやウォーキングなどを取り入れてみるのも悪くないですね。

布団に入る時間もできれば毎日決めて、起きる時間も決めると規則正しい生活になり、健康的になります。

悩みは誰かに相談してみたりして、いつも一人で考えていた時間を、いかに深い眠りについて疲れを取ることができるかにフォーカスして、実行してみると悩みから解消されていくはずです。


専門医に相談

自分ではどうすることもできなくなったら、精神面や心理面の治療が必要になってくるので、精神科・心療内科を受診してみるのも良いと思います。

専門医から薬を処方してもらったり、臨床心理士の資格を持ったカウンセラーに相談してみると、気持ちが軽くなる方法などを指導してくれます。

あまりストレスを溜め込むと老化を早め、ますます悩み事が増える原因になります。

急激に白髪が増えるのも、ストレスが原因だと言われています。

白髪になりやすい人の特徴については、ごちらをご覧ください。

404 NOT FOUND | 「カフェちっくな 日常会話」
お役立ち情報や最新情報を、ゆったりカフェにて毎日発信中~ 是非日常生活にお役立てください(*^-^*)

まとめ

不眠症で悩まされている人は意外と多く、仕事やプライベートで疲れている時など、朝までぐっすり眠れると思いがちですが、疲れすぎてしまって神経が深夜でも過敏になり考える時間が多くなるので、結局眠れなくて心療内科で眠剤を出してもらうようになります。

入浴してすぐ布団に入ると、血液の循環が活発になっているので逆効果となり、また深酒をすると体の調子が悪くなり、益々眠れなくなってしまうので、これも逆効果ですね。

軽いストレッチやウォーキングなどを取り入れて、体をほぐしてから入浴後に湯冷めしない程度にしばらく起きていてから布団に入るようにすると、朝までぐっすり眠れます。

寝る前にコップ1杯の水を飲むと、体の中の調子を整えてくれて、寝ている時に足がつって起きてしまうということも少なくなります。

いろいろなストレス解消法と、軽いストレッチなどを取り入れながら安眠できると良いですね。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました