「もう一度働きたい!」子育てが一段落したママたち、再就職はできるの??

デビュー

8月20日のスッキリタッチは、子育てが一段落した46歳母の3ヶ月半の涙の再就職活動の舞台裏を密着取材し、採用されるまでの奮闘記と家族の気持ちの変化について、共感できることが多かったので記事にしてみようと思います。

 

 


46歳母が目指すのは正社員!

以前働いていた会社を、結婚と子育ての為に29歳で退社して17年間家事と育児をしてきましたが、子ども達も大きくなり手が離れてきたので、もう一度外で働きたいと思えるようになり、家族にも頑張っているお母さんを見てもらいたいと再就職を決意しました。

以前は経理の仕事をしていたので、再就職先は経理か人事を希望して4社に応募しました。

結果は・・・全敗!

 

「もう何でもいいので・・なんでもやります」という言葉まで出てくるようになりました。

仕事内容を一つに絞ることはやめて、ハローワークへ通って仕事を探す日々になりました。

 

作戦としては他の応募者よりも早く履歴書を送り、少しでも企業にこちらの熱意をわかってもらえればと頑張っていました。

 

 

 


面接の結果は?

書類選考で通過して、面接会場に向かう時の意気込みは、「この会社に入りたい!」という思いをしっかりと伝えてきますと会社へ入っていきました。

そして面接会場に入って30分が経ち、もう出てきました。

 

送られてきた結果は・・・不採用

志望動機など何も聞かれることなく、すぐに働けるスキルがあるかどうかを聞かれて、正直にないと答えた為に落とされてしまいました。

 

求められたのは熱意ではなく、即戦力だったのです。

 

 

 

 


即戦力となるスキルを身につけるために・・・

スキルを磨くために、スキルアップサポート教室へ通うことになりました。

ここではExcelの中級と、IF関数グラフを身につけるということで、グラフを選択してリボンを出す所でつまずいている状態で、講師の指導を受けていました。

 

スキルを磨くにもお金と時間がかかり、なかなか苦戦していました。

 

 

 


ご主人と相談して作戦変更・・・

今まで正社員になる為に就活に臨んできたけれど、スキルや年齢が壁になっているので、正社員は諦めて派遣社員という形から就職することに変更しました。

14社応募して13社不合格となり、アプローチの仕方を変えて、14社目は派遣社員として採用されました。

 

 

 


まとめ

新しい作戦は派遣社員に登録して、まずはスキルを身につけて、そこで頑張って正社員を目指すという方法で、やはり初めから高望みをしないで着実に推し進めていくことが、一番の近道ということみたいです。

 

なんでもそうですが、積み重ねって大切ですよね?

 

最近では70歳過ぎていても、長くその仕事に従事していて技術を持っているので、会社の戦力となって働いているシニアの人達もいます。

 

企業の求めているものは、やはり技術、スキルなんですね?

 

番組ではもう一社、紹介していましたので、次回は再就職した女性がバリバリ働いている仕事について書いてみようと思います。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

その他の記事も掲載中ですので、カフェタイムにゆっくりご覧になってみてくださいね♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました