木村拓哉 PS4新作ゲームで主役キャラに・・・撮影体験で驚きの連続!

デビュー

「龍が如く」シリーズを制作したチームが手がけた、元弁護士で探偵の八神(木村拓哉)が、殺人事件の謎を解明していくリーガルサスペンスアクションのゲームを発表し、初のゲームキャラクターになった木村拓哉が撮影での体験を語り、日本のロックバンド、ALEXANDROS(アレキサンドロス)が「JUDGE EYES:死神の遺言」に楽曲提供しました。

 

いったい何個カメラがあるの?

モーションキャプチャーというか、何個カメラがあるの?という部屋に通されて、円に置かれている沢山のカメラの中心にある椅子に座らされ、自分の感覚では何を今から始めるんだろう??と思っていて、しばらく座っていたらスタッフが撮影終了を告げてきて、いったい今何したんですか?という感覚になったようです。

モーションキャプチャ (motion capture) とは、現実の人物や物体の動きをデジタル的に記録する技術であり、モーキャプ(mocap)と略されます。

記録された情報は、スポーツ及びスポーツ医療の分野における選手たちの身体の動きのデータ収集などに利用されたり、映画などのコンピュータアニメーションおよび、ゲームなどにおけるキャラクターの人間らしい動きの再現に利用されています。(ウィキペディアより)

 

 

 


9月10日に東京ミッドタウン ホールで開催されたイベント「PlayStation LineUp Tour」の中で発表されたのは?

日本のロックバンド、ALEXANDROS(アレキサンドロス)が、木村拓哉主演の新作ゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」に書き下ろしの新曲「アルペジオ」を提供しました。

 

アレキサンドロスは、「JUDGE EYES:死神の遺言」の完成披露会に出席し、主演を務める木村拓哉や、ゲームにキャストとして出演した中尾彬や、谷原章介、滝藤賢一らと、会場に集まったゲームファンや記者陣に本作をアピールしました。

 

 

 


まとめ

「JUDGE EYES:死神の遺言」は12月13日に発売予定です。そして9月10日から、このゲームの先行体験版がリリースされています。

錚々たる俳優陣たちが初体験をして、今まで味わったことがない感覚に陥り、その感動から夢醒めやらぬ状態で制作発表に臨んでいることがよくわかりました。

ゲームファンもきっと、夢から醒めることなくゲームをやり続けることになるのでしょうか?

今後が楽しみです。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

その他関連記事なども、是非ご覧になってみてくださいね?

コメント

タイトルとURLをコピーしました