*

「 世界情勢 」 一覧

豚インフルエンザと鳥インフルエンザの関連性~ 不衛生な中国がまたもパンデミック(世界的大流行)を引き起こす? 

パンデミック(世界的大流行)の恐れがある、中国国内で感染が広がっている「新型豚インフルエンザ」で、中国の衛生管理の問題と、将来的なパンデミックの危機で、またも感染源である中国の在り方が注目されています

続きを見る

飛沫感染と接触感染とウイルス細菌の生存時間・・・アメリカで爆発的な感染の新型コロナの原因は?

コロナ感染源である中国より、未だ爆発的な感染で猛威を振るっている国は、大統領選を控えているアメリカで、飛沫感染と接触感染のダブルの要因で、ウイルスが拡大・拡散している状態です。  

続きを見る

日本経済大丈夫? パナソニックと中国とコロナと5G・・・反日感情が消えた?

パナソニックが、次世代通信規格「5G」の電子部品材料を中国で増産することを決定し、新型コロナ対策でマスクの支援をした日本に対し、中国国民の反日感情は一瞬消えたが、日本国民の中国に対する嫌悪感が膨れあが

続きを見る

トランプ大統領が服用している抗マラリア薬で、全米がハラハラドキドキ!

トランプ米大統領(73)が18日に明らかにした、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」の服用で、副作用のリスクもあり、全米がハラハラドキドキと心配する声があがっています。 新型コロナウイルスの感染

続きを見る

まだまだ広がる「新型コロナウイルス」ニューヨーク市の実態

新型コロナウイルスによる、全世界の感染者数は13日の時点で、約184万7千人となり、死者は11万4千人を超えました。 どこの国も対応の遅れから感染が拡大し、先が見えない状態になっています。

続きを見る

中国・アメリカの陰謀?新型コロナはパンデミック(感染爆発)で生物(細菌)兵器が試されている

新型コロナで中国とアメリカから、陰謀説が広まっていて、それにはいくつかの状況証拠があることがわかりました。 生物(細菌)兵器により、どれだけの人達に影響を及ぼすのか、経済麻痺と医療崩壊なども含め

続きを見る

米・トランプ大統領、新型コロナ対策に四苦八苦! 健康な国民にもマスク着用を任意で・・・

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、米・トランプ大統領は今月3日、拡大防止の新たな方針として、国民に対し外出時のマスク着用を推奨すると発表しました。   トランプ大統領はホワイト

続きを見る

新型コロナ、東京で新たに感染者13人が3月30日に確認!

タレントの志村けんさんが29日夜にお亡くなりになり、東京で新たに29日の感染者が過去最多の68人に上り、小池東京都知事が外出を自粛するように要請しました。 南アメリカのボリビアのように、外出禁止

続きを見る

新型コロナの世界的大流行と、WHO事務局長の指示!

新型コロナウイルスで亡くなった人の数も16,000人を超え、感染者数も把握している限りでは、36万人以上となってしまいました。   そんな中、世界保健機関(WHO)のテドロス事務

続きを見る

新型コロナでイタリアが凄いことに!そして日本国内でも経済立て直しと、国民への現金給付を検討

イタリアの感染者数は、18日の調査では3万5713人、死者は2978人以上に上っています。中国は相変わらず感染者数を増やしていて8万1000人を超えていて、死亡者は3300人とまだまだ増えそうです。

続きを見る

スポンサードリンク







スポンサードリンク







豚インフルエンザと鳥インフルエンザの関連性~ 不衛生な中国がまたもパンデミック(世界的大流行)を引き起こす? 

パンデミック(世界的大流行)の恐れがある、中国国内で感染が広がっている

no image
若さを保つ「スクレロスチン」を上手にコントロール! いつまでも元気ハツラツな生活を・・・

骨からの「メッセージ物質」であるスクレロスチンが、記憶力や免疫力、生殖

骨は記憶力、筋力、免疫力、精力を支配! いつまでも若くいる秘訣とは?

骨粗しょう症などにならないように骨の役割には、老化防止効果も潜んでいる

飛沫感染と接触感染とウイルス細菌の生存時間・・・アメリカで爆発的な感染の新型コロナの原因は?

コロナ感染源である中国より、未だ爆発的な感染で猛威を振るっている国は、

いよいよレジ袋が有料化! コンビニでは1枚いくら?エコバッグには誰が入れるの?

2020年7月1日からレジ袋の有料化が始まり、スーパーやドラックストア

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑