*

「 世界情勢 」 一覧

(大打撃)韓国明洞からユニクロ撤退! 中国からキムチが逆輸入~

2020年1月31日が最終日となった、韓国明洞にある「ユニクロ」が9年間の幕を閉じ、コロナ禍で他店も閉店していく最中の出来事で、韓国国民にとっては低価格の中国産キムチの逆輸入と並ぶ大打撃となりそうです

続きを見る

アルゼンチンではコロナ禍政策が進んでいる? 超富裕層に富裕税が・・・

富裕層に富裕税を課す法案が、2020年12月4日にアルゼンチンで可決し、コロナ禍の損害を「富裕税」で補填していくことに国会で成立し、アルゼンチンの超富裕層の人達に国を守ってもらうことになり、コロナ禍政

続きを見る

2度目のロックダウンでは街に人の姿が・・・フランスのコロナ禍での生活は「クリック&コレクト」を活用!

フランスを含むヨーロッパでは2度目のロックダウンで、デパートも飲食店も自粛ムードの中、前回のロックダウンとは違う点は人の姿が確認できることで、「クリック&コレクト」を利用している人たちが街に出てきてい

続きを見る

(研究開発)米国イェール大学での研究とその裏の顔・・・形状記憶合金を使用したロボティクス研究とは?

米国コネチカット州ニューヘイブン市にあるイェール大学では、「ソフトロボティクス」と呼ばれるロボット研究の分野があり、柔らかい布をスイッチひとつで1000倍の堅さにするロボット工学の分野で期待されていま

続きを見る

動画共有アプリ「TikTok」について、トランプ大統領 はツイッターやフェイスブック・LINEで、中国企業へ売却を命ず!

8月15日にアメリカのトランプ大統領は、個人情報が流出していると騒がれている、動画共有アプリの「TikTok」について、信頼性と安全保障を考えて、アメリカ国内での事業を90日以内に売却するように、運営

続きを見る

サイバーテロとバイオテロ、そして尖閣諸島問題が恐れているワースト3に入っていた?

日本がかかえる問題の中で、ワースト3がサイバーテロとバイオテロ、そして尖閣諸島問題であり、直接社会に混乱を招く可能性があるのは、サイバーテロとバイオテロであり、今後の対応で大きく変わっていきます。

続きを見る

サッシーが2000万円を被災地に寄付! 大分県出身のサッシーは地元愛で人気上昇

大分県大分市出身の指原莉乃さん(27)は、豪雨で被害を受けた九州などの被災地に向け、2000万円を大分県と日本赤十字社に寄付したことが14日明らかになりました。   サッシーの地

続きを見る

豚インフルエンザと鳥インフルエンザの関連性~ 不衛生な中国がまたもパンデミック(世界的大流行)を引き起こす? 

パンデミック(世界的大流行)の恐れがある、中国国内で感染が広がっている「新型豚インフルエンザ」で、中国の衛生管理の問題と、将来的なパンデミックの危機で、またも感染源である中国の在り方が注目されています

続きを見る

飛沫感染と接触感染とウイルス細菌の生存時間・・・アメリカで爆発的な感染の新型コロナの原因は?

コロナ感染源である中国より、未だ爆発的な感染で猛威を振るっている国は、大統領選を控えているアメリカで、飛沫感染と接触感染のダブルの要因で、ウイルスが拡大・拡散している状態です。  

続きを見る

日本経済大丈夫? パナソニックと中国とコロナと5G・・・反日感情が消えた?

パナソニックが、次世代通信規格「5G」の電子部品材料を中国で増産することを決定し、新型コロナ対策でマスクの支援をした日本に対し、中国国民の反日感情は一瞬消えたが、日本国民の中国に対する嫌悪感が膨れあが

続きを見る

スポンサードリンク







スポンサードリンク







室内での簡単ストレッチ! ウォーキングと併用してトレーニングすると効果抜群

花粉の時期はなかなか外に出るのも辛く、ウォーキングで体をほぐしたくても

ブレインダイブはオリジナルマジック? 「心理学」と「コールドリーディング」を駆使してブレインダイバーがあなたの脳に潜り込む

「モニタリング」テレビに登場したブレインダイバーの新子景視(あたらしけ

花粉症対策に効く食事と、花粉の飛散量が少ない時間帯のウォーキングで免疫力アップ! 

花粉が飛び舞う時期になり、一日中くしゃみや鼻水、喉のイガイガや目の痒み

50年の時を経て、砂丘に埋まる錆びていない缶を発見! 70年代前半も今もファンタは愛され続けている

2月16日に鳥取砂丘から出土した「ファンタグレープの空き缶」は、50年

最後まで使い切れる注射器と、やはり出た副作用で不安拡大! そして不織布マスクの効果的な使い方

コロナウイルスのワクチン接種が始まって医療従事者から順に接種し、接種後

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑