本当の自由を手に入れて、心を解放させ、幸せな毎日をおくれる方法とは? - 「アニメ・ドラマ・お役立ち情報サイト」 カフェちっくな日常会話
スポンサーリンク

本当の自由を手に入れて、心を解放させ、幸せな毎日をおくれる方法とは?

生活

米ニューヨークにある「自由の女神」は、アメリカ独立戦争を支援したフランスとの友好を示す証であり、このフランスから寄贈された女神像から伝えたいことは、戦争のない国心の解放国民が毎日を幸せに暮らすことができるように本当の自由を手に入れることを望んでいるように思います。

 

女神がかぶっている冠には、七つの突起があり、七つの大陸七つの海に自由が広がるという意味が込められているようです。

 

 

しかし不便さのない自由を手に入れることによって、人間は本当に幸せになれるのでしょうか?

 

今回は、自由にフォーカスして、真の幸せが本当に掴めるのかを考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

「自由×退屈」「束縛×熱中」

 

なんだかとても難しそうな「対義語(反対語)」ですが、自由があると初めは自分のやりたい事をやり、のびのび過ごすことができるけれど、次第にやり尽くしてしまうと、そこには退屈な生活しか残っていないのです。

 

 

計画的に進行していけば、ある程度お金があり、自由を手に入れてやりたい事も段階を経て、新たに出てくれば、永遠に退屈とは無縁の人生をおくることができるのかもしれません。

 

 

 

では、束縛と熱中の関係はどうでしょう?

 

 

仕事や家庭からの束縛の時間が長いと、自分がやりたい事にはなかなか打ち込むことができません。

 

 

一つの事に没頭したり、熱中したりすることは、自分のスキルアップにもなり、進んでやってみたいところですが、やはり周囲の事が気になって打ち込むことができません。

 

 

 

 

 


自由から幸せに?

人間は誰しも組織に所属していて、群がって生活する生き物です。

 

 

例え一人暮らしをしていても、自治体や市町村、近所の人たちと交流をもちながら生活しています。

 

 

もし自由を手に入れたとしても、先立つものがなく、やりたい事も見つからなければ、アルバイトやパートをしていた方が、職場の人達との交流もあり収入にもなるので、日々刺激があって張り合いが出てきます。

 

 

やはり自由の身は、しばらくは効果がありますが、平凡を望めないようにできている人間社会では、不安要素になりかねないのです。

 

 

自由を手に入れて、幸せに結びつくと考えがちですが、自由過ぎて退屈の日々にそのうち飽きがきて、うんざりするようになってくるのです。

 

 

 

 


刺激のある生活を・・・

一日一日を充実した生活にするためには、波乱万丈で時には問題が起き、困った時間を過ごすと、普段なにげに過ごしている日常生活が、どんな幸せなのかが身にしみてわかります。

 

 

朝から会社でバリバリ仕事をし、残業まで必死にこなし、仕事終わりに同僚と飲むお酒が、自分へのご褒美と達成感、そして今の幸せをかみしめることができ、とても美味しく感じるのです。

 

 

幸せな時間は、いろいろな場所に転がってるということですね。

 

 

 

 

 


まとめ

 

なんだか遠回しな説明で、幸せを確認しているように感じますが、本当の自由を手に入れて、心を解放させ幸せな毎日をおくる方法には、将来こうなりたい!こういう自分でいたい!と、それに向けて努力していけば、夢と希望で心が豊かになり、周囲の雑踏など気にならなくなり、熱中できる時間を手に入れて、幸せに向って動き出すことができるのです。

 

可能性は無限にあると考えて、計画的に動き出せば、自由もお金も人脈だって手に入れられるはずです。

 

 

出発点はみんなゼロからなので、目標に向かって少しずつ前進していきたいですね。

 

 

きっと、本当の自由と、幸せな毎日を手に入れられます^^

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

コメント