どうする家康46話「大坂の陣」30万の軍勢とイギリス製の大筒で勝負に出た家康! - 「アニメ・ドラマ・お役立ち情報サイト」 カフェちっくな日常会話
スポンサーリンク

どうする家康46話「大坂の陣」30万の軍勢とイギリス製の大筒で勝負に出た家康!

大河ドラマ2023

豊臣家復活を願う方広寺の鐘に刻まれた、家康を呪う文字とは?

家康の命により、真田信繁を含む全国の荒武者たち30万の軍勢が、大坂城に集結しました。

茶々の挑発にうんざりしていた家康は、茶々に人質として江戸に来ることを要求します。

ついに家康は、14年ぶりに戦に踏み切り、イギリス製の大筒で勝負に出ます。

勝敗はどちらの手に・・・

スポンサーリンク

どうする家康46話「大坂の陣」放送日時と出演者

  • 放送日時:12月3日(日)20:00〜20:45
  • 放送局:NHK
出典:Yahoo!テレビ NHK大河ドラマ「どうする家康」

出演者

松本潤,森崎ウィン,マイコ,井上祐貴,松本若菜,木村昴,田山涼成,笑い飯哲夫,浜野謙太,川島潤哉,日向亘,作間龍斗,原菜乃華,北川景子,玉山鉄二,松山ケンイチ,【語り】寺島しのぶ

どうする家康44話「徳川幕府誕生」おさらい

出典:Yahoo!テレビ NHK大河ドラマ「どうする家康」

とても展開が早いのですが、家康(松本潤)は大坂城で、関ヶ原の戦いで勝利した報告を行うのでした。

家康に楯突き、関ヶ原の戦いでの先駆者として、中心的人物になった石田三成(中村七之助)は、10月1日に、家康の命令によって、六条河原で斬首されました。 享年41歳です。

石田三成の首は、三条河原に晒された後、生前親交のあった春屋宗園、沢庵宗彭に引き取られ、京都大徳寺の三玄院に葬られたそうです。

家康は、茶々(北川景子)から、秀頼と孫娘・千姫の婚姻を約束させられることになり、不満を隠せない様子です。

そんなことがありつつも時は流れ、家康は征夷大将軍となって、江戸に幕府を開いたのです。

慶長8年(1603)2月12日、家康が62歳の時のことでした。

夢が叶った家康です。

しかし、ウィリアム・アダムス(村雨辰剛)たちと国作りに励みますが、秀忠(森崎ウィン)の頼りなさが、家康の不安の種となっています。

そんな時、家臣である忠勝(山田裕貴)が、老齢を理由に隠居を申し出たのです。

本多忠勝(1548年3月17日生まれ)は、徳川家康(1543年1月31日生まれ)より、5歳年上で、62歳で亡くなっています。

家康は73歳で、駿河の駿府城(静岡市葵区の駿府城公園内)で、亡くなりました。

話は戻りますが、大坂では大野治長(玉山鉄二)が茶々の下に戻り、反撃の機会を伺っていたのです。

どうする家康44話「徳川幕府誕生」夢が叶った家康は62歳で征夷大将軍となる。

どうする家康45話「二人のプリンス」おさらい

出典:Yahoo!テレビ NHK大河ドラマ「どうする家康」

関ヶ原で敗れ、牢人(ろうにん:主人を失い秩禄のなくなった武士)が、豊臣のもとに集結していました。

憂慮(ゆうりょ:心配して思案すること)した家康(松本潤)は、豊臣秀吉の息子・秀頼(作間龍斗)を二条城に呼んで、豊臣が徳川に従うことを認めさせようとします。

しかし、初めて世間に姿を見せた、秀頼の麗しさ・美しさに人々は熱狂します。

父親の秀吉よりも、母の茶々に似ている秀頼は、身長も高くなんとも言えない妖艶な魅力の持ち主のようです。

そんな秀頼に脅威を感じた家康は、三男である秀忠(森崎ウィン)のこれからに不安要素を残さないように、家康本人の手で豊臣との問題を解決しようとしたのです。

しかし火種となって拍車をかけたのは、方広寺(豊臣が大仏を再建した寺)の鐘に刻まれたある文言だったのです。

そこには、

「国家安康」「君臣豊楽」

という文字がありました。

「徳川家を呪い、豊臣家の繁栄を祝う」

というふうに、解釈されたようでした。

どうする家康45話「二人のプリンス」豊臣秀吉の長男・秀頼と徳川家康の三男・秀忠、秀吉の麗しさに・・・

どうする家康46話「大坂の陣」番組内容

出典:Yahoo!テレビ NHK大河ドラマ「どうする家康」

豊臣家復活を願う方広寺の鐘に、

「国家安康」「君臣豊楽」

という、家康(松本潤)を呪う言葉が刻まれていました。

出典:NHK大河ドラマ「どうする家康」(c) NHK

家康は、豊臣秀吉の妻である茶々(北川景子)に、徳川に従うことを告げ、人質として江戸に来ることを要求したのです。

それを聞き、激怒した大野治長(玉山鉄二)は、両家の仲介役である片桐且元(川島潤哉)の暗殺を計画するのでした。

もう戦はしないと誓いを立てた家康でしたが、14年ぶりに戦へと踏み切ったのでした。

家康は全国の大名に呼びかけて、30万の軍勢で大坂城を包囲しました。

そして、三浦按針(村雨辰剛)に用意させた、イギリス製の大筒を配備し、準備万端な状態にしました。

そんな徳川家康の前に、真田丸が立ちはだかるのです。

家康は、強行突破するのでしょうか?

どうする家康46話「大坂の陣」まとめ

どこまでも家康に楯突く茶々です。

大阪から江戸へ、人質になるために来るように告げますが、断固拒否の姿勢をとっています。

そこまで家康に恨みを持っているのは、やはり母・お市を見殺しにしたからなのでしょうか?

しかし発端は、自分の夫である秀吉が仕組んだこと、逆恨みだと思うのですが・・・

ひねくれた茶々の心を、治す術はないのでしょうか?

いよいよ最終決戦へと進んでいます。どうなっていくのでしょうか?

47話は↓こちらから。

どうする家康47話「乱世の亡霊」大坂城崩壊したが乱世を望む荒武者が集結!

気になるドラマ速報「どうする家康」

https://www.artwave7.com/archives/category/大河ドラマ2023

どうする家康は、U-NEXTで配信中!!

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

どうする家康エコバッグ

大河ドラマ「どうする家康」 ロゴ ライセンス商品 リサイクル エコバッグ エコ素材 ポリエステル リップストップ パッカブルバッグ メッシュポケット付 徳川家康 戦国時代 お買い物バッグ お誕生日 プレゼント エコ素材 メッシュポケット付き ナイロンバッグ 送料無料