40℃のお風呂に10分の入浴と、温冷交代浴で美容と健康を! 自宅でもできる健康入浴法

生活

40℃のちょっと熱めのお風呂に、10分入ると体の芯まで温まり、血行が良くなるので美容効果もあり、また女性がいつまでも若くありたいというアンチエイジング効果もあるので、是非自宅で「温冷交代浴」を試してみることをおすすめします。

温泉に行ってサウナに入ることは、急激に体を温め発汗後に水風呂で体を冷やし、血行を良くして冷え性や肌の新陳代謝を活発にして、健康状態を整えるのに大変効果的です。

しかし自宅にはサウナがないので、温冷交代浴は試せないと思ってしまいがちですが、自宅でも簡単にできる方法があります。

自宅で温冷交代浴

温冷交代浴で思いきり汗をかくと、体の奥に溜まった老廃物などを取り除くことができ、デトックス効果なども期待できます。

美肌を目指すこともできるし、ダイエット中の方は効果に差がでるので、是非取り入れてみると良いかもしれません。

38℃以上のお風呂に浸かってから、18~20℃の冷水シャワーで火照った体を冷やします。

これを何回かやると血行が良くなってきて、冬ならお風呂から出てしばらくは体がポカポカとしていて、湯冷めしにくくなります。

冬に温泉地で露店風呂に入ると、温泉の温度が40℃近くあり長くは入っていられないけれど、周囲の雪で少し冷やし調和を保つ感じと似ていると思います。


冷え性で悩んでいる人にも効果的

全てに良い効果が見込めるのですが、冷え性などいつまでも足先が温まらなくて、寝つきが悪い人には効果的です。

足湯を用意して、熱いお湯と冷たいお湯に交互に入ると、足のつま先がジンジンして体がポカポカと温まってくるので、その夜はぐっすり眠りにつけます。

他にも入浴でリラックス法はいろいろあるので、こちらも是非ご覧ください。

リラックス効果抜群!40℃で10分、寒い冬を正しい入浴法で快適に
健康的で体に良い入浴時間とお湯の温度についてを、朝の情報番組で紹介していたので、正しい入浴法について学んでみたいと思います。 知人でぬるめのお風呂に浸かりながら、動画を観たり読書をする人を知っていますが、長風呂は湯冷めの原因に...

まとめ

夏は暑くてどうしてもシャワーだけで済ましてしまいそうですが、エアコンのかかった部屋に長くいたりすると体の芯まで冷え切ってしまうので、夏こそお風呂に入って体を温めるのが良いですね。

お風呂は一日の疲れも吹っ飛び、ストレス解消にも良いので、お風呂効果はいろいろ期待できそうです。

自分で工夫しながらバスタイムを楽しみたいと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました