スポンサーリンク

2021母の日は食べ物よりも、若さと美容と健康を考えて「コーヒー」ギフトはいかが? 

プレゼント

母の日ギフトにお花や食べ物以外に、若さと美容と健康を考えて「コーヒー」ギフトを贈り、デトックス効果(毒素排出)や運動パフォーマンスを向上するコーヒー豆に含まれている健康成分でリラックス効果を得てもらい、日頃の感謝の気持ちを込めてみてはいかがですか?

コーヒーが苦手という方には紅茶にも健康成分は含まれているので、リラックスでき美容と健康、そして永遠の若さを手に入れるために、コーヒー・紅茶のプレゼントは喜ばれます。

できれば効能なども添えてあげると、なお喜ばれると思います。

スポンサーリンク

コーヒーの効能

コーヒーにはいろいろな効能があり、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれていて、抗酸化作用や脂肪の蓄積を抑える効果などがあるので、肥満や糖尿病、心筋梗塞、認知症予防などに効果があります。

コーヒーを飲み過ぎると夜眠れなくなると言われていますが、寝る前のコーヒーを避け1日3杯コーヒーを飲む習慣をつけると、美容と健康が維持されます。

コーヒーはホットとアイスのどちらでも効果は変わりませんが、砂糖やミルクの入れ過ぎは、血液サラサラ効果が見込めなくなるので、できればストレートをおすすめします。


紅茶の効能

コーヒー同様紅茶にもほぼ同じような効果があり、ポリフェノールの一種であるテアフラビンやテアルビジンという成分が含まれていて、抗酸化作用があり活性酸素を抑制する効能があります。

肥満や糖尿病、心筋梗塞、認知症予防などに効果があり、カフェインの量はコーヒーほど強くないので、リラックス効果は紅茶の方が見込めそうです。


クロロゲン酸の健康効果

デトックス効果(毒素排出)により、便秘や腸内環境の改善やむくみの解消、疲れを取り除き、基礎代謝や免疫力の向上、そして美肌効果があります。

内臓脂肪も取り去る効果があるので血液サラサラで、糖尿病の予防や素肌も綺麗になり、若返り効果が見込めるので嬉しいですね。

アルツハイマーなどの予防にもなり、頭が活性化されるので認知症予防にもなります。

内臓脂肪型肥満で高血糖、高血圧、脂質異常症など合併したメタボリックシンドロームや、肝臓が炎症を起こし発熱や黄疸、全身倦怠感などの症状などの肝炎などにも効果があります。

動脈硬化防止やHDLコレステロールの減少と、高脂血症の諸症状が緩和され、心血管保護作用や肝臓保護作用を持ち健康効果があるクロロゲン酸です。


今話題のチャコールコーヒーとは?

チャコールとは炭のことで、炭の力で体内にある有害物質や老廃物を取り除いて、体内をデトックス(毒素排出)や洗浄する効果があります。

MCTオイルや食物繊維、乳酸菌など健康をサポートする成分も配合されているので健康的です。


MCTオイルとは?

ココナッツやパームに含まれる、中鎖脂肪酸油だけを取り出した食用油のことで、コーヒーに少し入れて飲むと頭の回転が速くなり、エネルギーと持久力が改善されるので、仕事前・仕事中や運動前などに飲むと効率が上がります。

MCTはケトン(有機化合物)というエネルギー源を作り出し、脳に送り込まれ守る作用があるため、砂糖とは反対に燃焼による排出物質が少ない燃料として、アルツハイマーの患者には効果があるとされています。


まとめ

コーヒーや紅茶、そして今回登場していませんがココアなどは、ホット・アイスどちらでも美容と健康効果がある飲み物です。

リラックス効果もあり認知症予防効果、糖尿病や心筋梗塞にも効果がある「コーヒー」を、母の日に贈ってみるのも喜ばれますね。

もちろん自分用としても、目覚めの1杯をゆったりした気分で迎えてみるのも良いと思います。

紅茶やココアなども美容と健康効果があるのでストレートで飲んで、いつまでも若さと健康をキープしたいですね。

コーヒーが冷めないうちに、1杯のコーヒーを飲み干してください。

「コーヒーが冷めないうちに」一杯のコーヒーを味わってみてはいかがですか?

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました