厄除け団子の法多山で気になる厄年の厄祓いを!厄年や厄除け団子についてAIに聞いてみた♪ - 「アニメ・ドラマ・お役立ち情報サイト」 カフェちっくな日常会話
スポンサーリンク

厄除け団子の法多山で気になる厄年の厄祓いを!厄年や厄除け団子についてAIに聞いてみた♪

生活

厄除け団子で有名な静岡県袋井市にあり法多山尊永寺は、厄除観音があり前厄・本厄・後厄の人たちが厄祓いのために参拝したり、また厄除け団子で元気をいただいたりと、いつも賑わっています。

今回は法多山尊永寺の場所と、厄除け団子を販売するようになった経緯などを調べてみました。

また厄年について、神社にお参りしたり厄除け団子での効果をAIに聞いてみたので、是非参考にしてみてくださいね♪

【楽天】厄除け饅頭や、招き猫が入った最中が美味しそう♪

スポンサーリンク

厄除け団子の法多山で気になる厄年の厄祓いを!厄除観音 法多山 尊永寺について

厄年に限らず、毎年お正月が明けるとお参りされる人々で賑わっている、静岡県袋井市にある法多山尊永寺ですが、参拝するまでに山道をずっと歩いていき、とても良い運動になります。

お年寄りや足の不自由な方などは、車椅子などで登った方が良いかもしれませんね!

↓こちらが厄除観音 法多山 尊永寺のHPになります。

法多山|縁起の物語
法多山の縁起の物語 法多山にある「ものごとの起こり」の物語です。

以下は、HPより抜粋して載せています。

江戸時代には、毎年正月に幕府の武運長久、天下泰平、五穀成就の祈祷を奉修し、祈祷ご符と当地名産品を献上する習わしがありました。

十三代将軍家定の頃(1854)に、門前に住する寺士 八左エ門の発案による観世音名物団子が登城の土産に添えられ将軍家より「くし団子」と御命名を賜り、以来150年以上一般参拝客に愛され、俗に法多山名物【厄除団子】として、今も広く親しまれています。

法多山の名物のひとつに『厄除だんご』があります。

今や参拝に訪れたほとんどの人が買っていくほどの人気ぶりですが、ことの始まりは江戸幕府十三代将軍徳川家定公のころ。

法多山に住んでいた石川八左衛門が手作りのだんごを献上したことが発端です。

その味を気に入った家定公が「串だんご」と命名。以来、法多山になくてはならない味となっています。

今でこそ、厄除だんごは1か所で販売されていますが、組合ができる昭和41年以前はそうではありませんでした。

境内に小さなだんご茶屋が15軒も立ち並び、競うようにだんごを売っていました。

形はどこも、今と変わらぬあの形状。しかし、味やサービスは店ごとに異なります。

当時、お気に入りのだんご茶屋へ立ち寄ることが、参拝の楽しみとなっていました。

引用:厄除観音 法多山 尊永寺HP

厄除け団子の法多山で気になる厄年の厄祓いを!厄除観音 法多山 尊永寺の場所

今ではチケットの自動販売機でお団子の精算をし、引き渡し場所で交換になるので、スムーズに購入できますが、昔まだ販売機がなかった時には、販売窓口前が長蛇の列になり、購入するまでが大変だったことを覚えています。

時代と共に改良され、スムーズに購入可能になりました。

Google マップ

厄除け団子の法多山で気になる厄年の厄祓いを!女性の厄年は男性より1つ多い?

女性は男性より1つ多く、4つ厄年に当たる年があります。

女性は数え年で、4歳、19歳、33歳、37歳、61歳が厄年に当たり、 2023年は令和2年生まれ(4歳)平成17年生まれ(19歳)平成3年生まれ(33歳)昭和62年生まれ(37歳)昭和38年生まれ(61歳)の人たちが厄年にあたります。

出典:https://www.yakuyoke-yakubarai-jinja.com/

また男性は数え年で、25歳・42歳・61歳が厄年になります。

出典:https://www.yakuyoke-yakubarai-jinja.com/

厄年は、日本などで厄災が多く降りかかるとされる年齢であり、しかし科学的な根拠は不確かで、陰陽道由来とされるものですが出典は曖昧です。

平安時代の書物には見られて、旧来から根強く信じられている風習であります。

引用:ウィキペディア

厄除け団子の法多山で気になる厄年の厄祓いを!神社にお参りしたり厄除け団子での効果をAIに聞いてみた

厄除けについて、また厄除け団子についてAIに聞いてみました。

Q、厄年には病気することが多いと思いますか?

A、それは病気に関係なく、その年にあなたがどのような生活を送っているかによります。

健康的な生活を送っているなら、その年に病気する可能性は低くなります。

しかし、生活習慣病や感染症などの病気を引き起こす要因がその年に発生する可能性があります。

そのため、健康的な生活を送ることがとても重要です。

https://www.artwave7.com/archives/category/美容と健康

また、予防接種などを行うことも効果的です。

Q、厄年の本来の意味を教えてください。

A、厄年とは、暦注によって太陽暦で定められた特定の年を指します。

厄年は、その年に何か不幸なことが起こると考えられています。

そのため、厄年には祈りや特別な祭りなどが行われ、家庭ごとに厄年に関して特別な習慣もあります。

Q、厄年には何をすれば良いと思いますか?

A、厄年を乗り越えるためには、家族や友人と団欒をしたり、祈りをしたり、宗教的な行事を行ったり、自然を愛でることを通じて安心感を得たりすることができます。

また、厄年に関する伝統的な行事を行うことも、厄年を乗り越える助けになります。

Q、厄除け団子は、効果があると思いますか?

A、厄除け団子は、古来より厄除けの目的で揚げ団子を食べるという風習があります。

一般的に厄除け団子には効果がないと言われていますが、何か良いことが起こるという信念を持つことで、自分を元気づけることができます。

Q、厄年に神社でお参りすると、効果がありますか?

A、はい、神社でお参りすることで、厄年を乗り越える助けになる可能性があります。

神社では、お祈りをされたり、お守りなどを頂くことで、不吉なものを取り除き厄払いをすることができます。

また、神社では、願いを込めたお札を捧げるなどして、自分の信念を表明することもできます。

厄除け団子の法多山で気になる厄年の厄祓いを!厄年や厄除け団子についてAIに聞いてみた♪まとめ

厄除け団子で有名な静岡県袋井市にあり法多山尊永寺について、参拝の効果や厄除け団子について調べてみました。

やはり厄除け団子自体に効果は期待できませんが、元気をもらえるということで、厄年である1年(前厄・後厄を含めると3年)が無事に過ごせる気持ちになり、その気持ちが一番重要だということがわかりました。

お天気の良い日に、ウォーキングも兼ねて出かけてみるのも良いと思います。

【楽天】軽やかに歩けるウォーキングシューズ、必須アイテムですね!

ごまを焚いた厄祓いもしていただけるので、もし心配な時にはお願いしてみるのも良いですね!

美味しい厄除け団子を食べて、1年無事に過ごそうと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。


https://www.artwave7.com/archives/category/生活