いい夫婦の日(11月22日)に結婚 令和元年は結婚ラッシュ!

生活

2019年11月22日の「いい夫婦の日」に結婚したのは、メイプル超合金安藤なつさんと一般男性で、令和元年に籍を入れた芸能人は多く、結婚記念日を忘れない秘策でもあります。

介護職に従事している年下の一般男性で、結婚までの馴れ初めはごく自然な感じだったようです。

結婚までの馴れ初め

安藤なつさんの伯父さんが、障害者支援施設を運営されているということで、なつさんもヘルパー2級の資格を持っているので、話しもきっと合い、そこでの出会いからお付き合いするまでは、きっと自然の流れだったのではないかと、勝手に詮索しています(笑)

 

伯父さんがやっている施設には、子供の頃からよく遊びに行ったり、中学時代はボランティア、高校時代はアルバイトをやったりしていたそうです。

 

 


結婚相手に求めるもの

なつさんが結婚相手に求めるものは、ずっと一緒にいられることで、やはり価値観の違いや、考え方の違いなどは破局の原因になると考えているようです。

 

 

 


電撃結婚

 

2019年11月22日「いい夫婦の日」に、6歳年下の介護職の男性と、交際3ヶ月で結婚に至ったことも世間を賑わせました。

 

ひとりが好きで、一目惚れはしない、その人のことをしっかり理解した上でないと、恋愛感情が芽生えることはないと宣言する、なつさんのハートを射止めたお相手は、やはり同じ介護の道で、分かり合えていたのかもしれませんね。

 

 

 


金銭感覚の違いはNG

7年前に初めて彼氏ができた時、なつさんは介護職のアルバイトをしながら芸人をしていました。

 

お相手は給料の良い会社に勤めていましたが、外食してもいつも割り勘で、高級レストランでのデートのため、1回の食事が1人5,000円くらいになったそうです。

 

アルバイトと駆け出しの芸人の仕事では、とても続けることができずに別れたそうです。

 

 

しかしデートで男性が奢るのが当然だと思うのですが、それも高給取りだったのに、いつも割り勘していたなんて、なつさんが可哀想過ぎますね。

 

たくさん食べると思われてしまったのでしょうか?

 

 


幼少期は漫画、今はバイクが好きななつさん

 

小学4年の時には、AKIRAの漫画本をこよなく愛し、少女漫画より少年漫画に興味があったようです。

 

幽遊白書や浦安鉄筋家族、ハイスクール!奇面組など、今の芸名「メープル超合金」のようなカッコいい名前の漫画を、好んで読んでいたようです。

 

その反面、ちびまる子ちゃんや、あさりちゃんなど可愛いキャラも好きでした。

 

また手塚治虫の漫画も好きだったようです。

 

 


まとめ

安藤なつさんは、きっと繊細でヘルパーの資格を持っているくらいなので、いつも人の役に立ちたいと思う、優しい心の持ち主だと思いました。

 

結婚相手の男性は、きっとそこに惹かれたのではないかと思います。

 

 

交際3ヶ月の電撃結婚ですが、仕事で一緒にいた時間は長いのだと思います。

 

 

永く一緒にいられる人が、結婚相手であるなら、きっと離婚の危機はないですね。

 

末永くお幸せに!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました