スポンサーリンク

骨は記憶力、筋力、免疫力、精力を支配! いつまでも若くいる秘訣とは?

生活

骨粗しょう症などにならないように骨の役割には、老化防止効果も潜んでいることが、最近の研究でわかってきました。

 

高齢者だけではなく、若い人達にも骨の持つ役割が強く影響していることがわかり、骨を強くして若さを保ち続ける方法があるので、一緒に見ていこうと思います。

スポンサーリンク

スクレロスチンの異常発生

25歳なのに80代の骨量しかない人がいることが、骨量検査でわかり、重度の骨粗しょう症が発覚しました。

 

健康な20代が、骨量減少になってしまった原因には、スクレロスチンという「骨の細胞が出す物質」の異常発生が背景にありました。

 

 

 


骨の仕組み

 

骨は常に作り替えられていて、大人では3~5年で全身の骨が入れ替わります。

 

 

これは新しく強い骨を維持するという目的で、疲労骨折などしないように防ぐためです。

 

 

骨の中にいる骨を壊す「破骨細胞」と、骨を作る「骨芽細胞」により、新しい骨を生成しているのです。

 

 

しかし、この2種類の細胞の作り替えバランスが崩れてしまうと「骨粗しょう症」になり、骨密度がスカスカ状態になるのです。

 

 

 

 


スクレロスチンからの指令

骨細胞は、骨の量が増えすぎないように、スクレロスチンの指令により、骨を作る「骨芽細胞」の数を減らしていきます。

 

 

スクレロスチンには重要な役割があるのですが、指令が出過ぎてしまうと、骨量が減ってしまい逆効果になることもあるのです。

 

 

 


運動が若さを保つ秘訣

 

いつもダラダラした、骨に衝撃がかからない生活を続けていると、骨細胞がスクレロスチンをたくさん出し、その結果「骨芽細胞」の数を減らして、骨の生成ができなくなっていくことが研究でわかってきました。

 

 

運動をしないで、一日中座ってデスクワークしている生活を送っていると、スクレロスチンが大発生して、知らないうちに骨粗しょう症が進行している可能性があります。

 

毎日の適度な運動と、バランスの良い食事で、健康と若さは保たれるのです。

 

 

 


まとめ

年齢関係なく骨粗しょう症になることを知り、計画的な運動や食事が大切だということがわかりました。

 

3年〜5年で、骨が新しく作り替えられているということなので、丈夫な骨を作るためには、骨に刺激を与えていくことがベストであり、骨は記憶力、筋力、免疫力、精力を支配している重要な役割を持っていて、若さの秘訣は健康だということがわかりました。

 

少しずつ骨に良いことを見つけて、実践してみようと思います。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました