スポンサーリンク

「ひらめき」を起こす思考法と、4つのステップでマインドに働きかけ、関心から情熱に変化を・・・

仕事

「ひらめき」からビジネス戦略を生み出し、オープンマインドで自らを未知の環境に身を置き、その中で得たものを実践に移し大きく成長させていく、生活していく過程でのヒントになっています。

 

 

前回は仕事でも趣味でも、変化を与え成功させるためには「ひらめき」は重要だということで、第7感からステージクリアーについて説明させていただきました。

 

 

 

前回の内容については、こちらをご覧ください。

 

 

404 NOT FOUND | 「カフェちっくな 日常会話」
お役立ち情報や最新情報を、ゆったりカフェにて毎日発信中~ 是非日常生活にお役立てください(*^-^*)

 

 

 

スポンサーリンク

戦略的思考、4つのステップ

 

「ひらめき」を得るためには、4つのステップからステージを上る必要があります。

 

 

経営戦略の場合、同業者が考えつかないようなアイデア(戦略)を出しながら、ステージを少しずつ上がっていくと、思い描いていたビジョンがいつの間にか実現されていきます。

 

 

コロンビア大学ビジネススクールの最重要講義である、「天才の閃きを科学的に起こす 超、思考法」ウイリアム・ダガン著で説明されているものがあり、大変参考になると思うので紹介したいと思います。

 

 

・歴史の先例

 

・オープンマインド

 

・突然のひらめき

 

・決意

 

 

 

以上4つのステップから、確かな戦略と呼べる考えがひらめき、実践することにより成功していくのです。

 

 

 

成功するまでの過程には何度も失敗を重ね、それから改善していき、確かなものを造り上げていくので不況がきても崩れ去ることはないのです。

 

 

 

 

 


歴史の先例

 

過去に人間が、物事を成し遂げるためにしてきたことの例を組み合わせたもので、ひらめきの元となっているものです。

 

 

脳は先例を学びながら、それを記憶の倉庫に保管して将来に備えていくのです。

 

 

 

私たちは生まれた時から無意識的に行っている衣食住や、話す、歩く、学ぶ、遊ぶなど、人は他人の真似をしながら身に付けていき、学習を積み重ねていくにつれて先例の数は増えていくのです。

 

 

 

そしてそれは、将来に独自のアイデアを生み出すための材料になるのです。

 

 

 

 

 


オープンマインド

 

 

目の前の状況について、今までの考え方を一度頭から全て取り除いた上で、新たに行動に移すように準備していきますが、あらゆる事態を想定しての行動になるので、思い切りが必要になります。

 

 

オープンマインド、マインドフルネスと今はいろいろ心の置き方が注目されていますが、マインドフルネスは今現在の状況に注意を傾け、瞑想や訓練などを通じて発展させていくことにより、何か確信的ものを掴むことができるのです。

 

 

 

 

 


突然のひらめき

 

日常生活をおくっている中で、突然ハッとひらめくことがあります。

 

 

そのひらめきを前にして、なぜ今までこのことに気づかなかったのか・・・と自分を疑ってしまうほど第7感は自然に降りてくるのです。

 

 

 

そしてそのアイデアは、どこに出しても恥ずかしくないほどの素晴らしいもので、今まで悩んでいたことが嘘のように感じてしまうかもしれないのです。

 

 

 

 

 

 


決意

 

新しく浮かんだアイデアを実際に活用していくためには、今までのアイデアで動かしていたものを取り除いていく必要があります。

 

 

新しいアイデアに向ける関心が情熱に変わった時、自分で決意を固めて動き出すと、良い方向へ進んでいけるので成長していくことができるのです。

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

まずは行動してみて壁に当たった時に、その問題点を検討し改善しながら再び動き出すを繰り返すことになるので、軌道にのるまでには時間がかかります。

 

 

 

諦めずにやり続けることにより、一番良いアイデアで実践していくいことができるので、達成感も味わえて楽しみにもなります。

 

 

 

「ひらめき」から何かを得て、根気強くやり遂げられると良いと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでただきまして、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました