スポンサーリンク

「ひらめき」から得るビジネス戦略 ライフコーチングや第7感でステージを上る

仕事

仕事でも趣味でも、変化を与え成功するにはアイデアが発端となり、自ら思い描いているビジョンに少しでも近づけるためには「ひらめき」は重要で、その第7感を信じて1ステージずつクリアーしていくと、自分で思い描いていたビジョンに近づけるものです。

最近アメリカで、ビジネスに悩んでいる人や、生活に息苦しさを感じている人を少しでもサポートしようと、ライフコーチングが増えてきています。

カウンセラーとは少し違い、人生そのものを一緒に良い方向へいくように導いていく、心の支援をしてくれる仲間のような存在です。

カウンセリングでは自らの改善点などを、カウンセラーと相談者がコミュニケーションをとることによって、改善点に自分で気づき、思考を少しずつ変えて気持ちを穏やかにしていくので、こちらもとても大切なことです。

今回は「ひらめき」の素晴らしさと、それを仕事に結びつけるための時間と、ステージアップの重要性について見ていこうと思います。

スポンサーリンク

ライフコーチング

先ほどもライフコーチングが増えてきていることを述べましたが、今後の人生に必要な人付き合いやコミュニケーション能力など、人脈を広げていくためにどのようにしたら良いのか、ライフコーチングで「ひらめき」を得ることができ、ステージアップに繋がるかもしれません。

ライフコーチングとは、人生を真剣に生きていきたい相談者の今後の成長を支援するための、コーチと相談者のお互いの力で素晴らしい未来を築いていくというものです。


第7感

よく第6感という言葉を聞いたことがあると思いますが、第5感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)以外の、鋭くものごとの本質をつかむ心の働きのことを示していて、第7感はその上であり、人に「ひらめき」をもたらす脳のパワーのことを指していて、最新の脳科学で実証されています。

まるでスマホなどの電波(4G→5G)のようですね!


戦略的思考、4つのステップ

「ひらめき」を得るためには、4つのステップからステージを上る必要があるのです。

軍事戦略もその一つで、生死を分けた戦争など、相手には考えつかないようなアイデア(戦略)を出し、その戦略が勝利へ導くのです。

経営戦略も同じで、同業者が考えつかないようなアイデア(戦略)を出しながら、ステージを少しずつ上がっていくと、思い描いていたビジョンがいつの間にか実現されているのです。

・歴史の先例

・オープンマインド

・突然のひらめき

・決意

上記の4つのステップは、コロンビア大学ビジネススクールの最重要講義である、「天才の閃きを科学的に起こす 超、思考法」ウイリアム・ダガン著で説明されているものであり、この内容については次回ご紹介したいと思います。


まとめ

よく寝ている時にふとひらめいたり、食事している時、テレビを見ている時、ショッピングしている時など、ひらめきはいろいろな所に潜入しています。

そのひらめきを行動に移すか移さないかで、人生は変わっていくと思います。

仕事でも趣味でも自分の好きなことをしているのに、壁にぶち当たる時があります。

この時がチャンスなのかもしれません。

それから1週間、1ヶ月、半年と過ぎ、ある日突然「ひらめき」がくるとそれをメモに残し、どのように行動に移していくのかを考えます。

考えている時にはワクワクした気持ちと、行動に移して大丈夫かと不安の気持ちが交互にやってきますが、まずはステージを1段階上にあがるように準備すると、それが自然と体に染みついて、次からはもっと自然にステージを上ることができるようになります。

「ひらめき」は、とても重要ですね^^

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました