スポンサーリンク

転職は適職で得意分野を活かして、適材適所は重要!

仕事

転職は適職で「適材適所」 適性や能力 に応じてふさわしい地位や仕事に就くという意味どおりに、就職するには自分の得意としていることを優先に考え、行動に移した方が良いこともあります。

スポンサーリンク
  1. 転職は適職で得意分野を活かして、まずは行動することから!
  2. 転職は適職で得意分野を活かして、適職を探そう!
  3. 転職は適職で得意分野を活かして、それぞれの職業!
    1. 公務員・・・公務員試験には教養試験や専門試験、論文試験や面接などがあり、採用されれば新人研修などがあり、公務員に必要な能力を学習することになります。人事異動などあるので部署が変わり、仕事内容や人間関係の変化などがあります。
    2. 介護職・・・基本的に資格がなくても介護職につくことは可能ですが、知識がなければできない業務などあり、給与や待遇面で差がつきます。入社後に資格取得を目指す場合は、日々の実務の経験と勉強内容が結びつきやすいのが利点です。
    3. 営業職・・・人柄やコミュニケーション能力が問われ、フットワークが良く人を引き付ける力がある人が重宝とされます。これまでに営業職の経験がない人でも、中途採用されやすい職業です。
    4. コンサルタント職・・・経営コンサルタントやITコンサルタントなどがあり、いろいろな企業の事情を把握することができるので、経験を積むことにより成功できる職業です。
    5. ITエンジニア・・・プログラマーやネットワークエンジニアであれば、未経験者でも即戦力になる場合があります。インターネットの普及や進化により将来性のある職業です。
  4. 転職は適職で得意分野を活かして、適材適所は重要!まとめ

転職は適職で得意分野を活かして、まずは行動することから!

知人からの紹介や人に頼まれて、その仕事に就く場合もあると思いますが、自分に合った仕事かどうか今一度考えてみてから、行動を起こした方がはっきりしてきます。

パートやアルバイトならお試しで働いて、自分に合った仕事でなければすぐ辞めることもできますが、正社員になると責任がのしかかってくるので、無責任に途中で辞めることができなくなります。

すると、仕事が楽しくなくても生活のために我慢して勤めることになるのです。

継続は力なりと言いますが、自分に合っていない仕事を続けていても、明るい未来は訪れないのです。

 「継続は力なり」を信じて、自分で決めた道を貫くことで成果絶大? 努力と結果がすべて!

私も転職する前までは、生活のために自分には合わない仕事だと思いながら、長い間我慢しながら働いていました。

転職を考えて、自分がやりたかった仕事に今は就いて働いていますが、後で調べてみたら今やっていることが適職に3つも当てはまっていることがわかり驚いています。

その一つが喫茶店営業だったわけですが、もし自分の適職がもう少し早くわかっていたら、早めに行動して好きなことを仕事にもつことで、以前のようなストレスもなかったと思います。

転職は適職で得意分野を活かして、適職を探そう!

転職について無料サポートしてくれる転職サイトなどを調べてみたり、簡単にできる自己分析や自分の強みがわかる、無料で使える適職診断などを利用してみるのも良いと思います。

その他、生年月日から割り出す四柱推命などの占いにも適職が載っている場合があります。

自分の性格診断や健康状態、生活のリズムなども考慮しながら、自分に合った職業を探してみると良いですね。

以下に参考として、いろいろな職種を載せてみました。

それぞれの特色を見ながら、楽しそうと思った職業があるか確認してみましょう!

転職は適職で得意分野を活かして、それぞれの職業!

公務員・・・公務員試験には教養試験や専門試験、論文試験や面接などがあり、採用されれば新人研修などがあり、公務員に必要な能力を学習することになります。人事異動などあるので部署が変わり、仕事内容や人間関係の変化などがあります。

介護職・・・基本的に資格がなくても介護職につくことは可能ですが、知識がなければできない業務などあり、給与や待遇面で差がつきます。入社後に資格取得を目指す場合は、日々の実務の経験と勉強内容が結びつきやすいのが利点です。

営業職・・・人柄やコミュニケーション能力が問われ、フットワークが良く人を引き付ける力がある人が重宝とされます。これまでに営業職の経験がない人でも、中途採用されやすい職業です。

コンサルタント職・・・経営コンサルタントやITコンサルタントなどがあり、いろいろな企業の事情を把握することができるので、経験を積むことにより成功できる職業です。

ITエンジニア・・・プログラマーやネットワークエンジニアであれば、未経験者でも即戦力になる場合があります。インターネットの普及や進化により将来性のある職業です。

その他、製造業や飲食業、土木建築、船舶、福祉関係、医療関係、美容関係、芸能関係など様々な業種がありますが、自分がやってみたいと思う、これなら続けていかれる職業に出会えると良いですね。

転職は適職で得意分野を活かして、適材適所は重要!まとめ

好きなことを仕事にするってストレスを軽減できて、自分の力も試すことができるので、転職を考えているのであれば、適材適所、適職となる職業を探すことから始めてみるのが良さそうです。

今回は就職するならどんな職業に決めたら良いかを考えてみましたが、起業を考えている場合でも同じです。

自分にあった適職は必ずあります。

まずそれを知ることから始めてみて、適職の資料集めをしていくことをおすすめします。

【楽天】転職についての資料

きっと資料を見ているだけでもワクワクした幸せな気持ちになってくると思います。

そして、その職業に就いた後の自分を想像して、その可能性に期待がもてたら行動に移してみてください。

適職の中に、自分の望んでいる仕事がきっと見つかるはずです。

楽しくお仕事して、楽しく学んでスキルアップも目指してみましょう!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました