スポンサーリンク

「前科者」ドラマで海外移住あり? ドラマ・映画で知り得ない内容

ドラマ「前科者」

「前科者 」海外移住とその方法と調べ方については、実際に前科があり海外移住を希望している人にしかわからない領域だと思います。

マンガ「前科者」は現在7巻が出ていて、今後も連載されていくのではないかと思われます。

海外移住をすることで、少しは気持ちが楽になるということもあるかもしれませんね?

ドラマ「前科者」2021年秋にテレビ放送され、映画「前科者」2022年に全国ロードショーされ、新米保護司役の有村架純さんの白熱する演技が楽しみな作品です。

スポンサーリンク

「前科者」ドラマで海外移住あり?

ひき逃げにより執行猶予になったという前科のある人の例ですが、執行猶予中永住権を取得して海外移住を考えている人がいました。

執行猶予中に限定パスポートを取得して、海外旅行などを兼ねた留学は可能なのかネット上で質問されていました。

前科があっても、しっかり更生すれば将来のために行動することは可能です。

基本的に執行猶予中は、普段通りの生活をして構わないし、会社で仕事をして給料をもらっても、旅行に行くことだってできます。

しかし裁判官により、保護観察をつけられることがあるので注意が必要です。

ドラマ「前科者」のその後で、海外移住も考えられますね。

映画「前科者」では、海外移住はあるのでしょうか? 楽しみです。

「前科者」ドラマの特徴は保護司の課題 2021秋放送開始!

「前科者」ドラマ 保護観察官と保護司の違い

保護観察官は保護観察所に所属している

保護観察というと保護司の仕事内容の領域のように考えられますが、お互いに協力関係の元で成り立っています。

保護観察官国家公務員試験(専門職)合格者の中から、法務大臣が任命した全国の保護観察所に所属しています。

保護観察が付くと、定期的に保護観察官と会って生活状況を報告したり、指導を受けたりすることになります。

前科のある人は、長期旅行や引っ越しの時には、許可が必要になる場合があります。

また犯行現場へ近づくことを禁止されたり、更生プログラムの受講を義務づけらることもあります。

次に保護司についてですが、法務大臣から委嘱を受けた非常勤(ボランティア)の国家公務員です。

保護司に推薦される人は、地域での自治会活動をしている民間人などです。

保護観察官から依頼を受け、保護観察対象者と毎月最低2回の面談を行い、生活態度などをチェックし保護観察官に報告します。

仮釈放される予定がある者が、更生していくのに適した環境かの調査も行い、保護観察官に報告します。

ドラマ「前科者」の主人公・保護司の阿川佳代も、前科者との面談結果などを保護観察官に報告しながら、自ら勉強の日々を送ります。

有村架純さんが見事に、新米保護司の阿川佳代を演じています。

このように保護司と保護観察官は、協力し合いながら仕事の分担をしているのです。

前科者」ドラマで成功者は起業チャレンジ 保護司へのお礼とは?

「前科者」ドラマで海外移住の調べ方

海外の永住権取得に関して、国内外で犯罪暦のある人は、Rehabilitation(リハビリテーション)という社会復帰申請を行うことができます。

ただし社会復帰申請を行うには、執行猶予や保護監視、罰金や刑期後など、5年以上の犯罪歴の無い期間が経過していることが条件で、申請後の審査によっては永住権の申請や取得も可能になります。

保護観察が付いていない執行猶予の場合は、パスポートの取得は可能で、パスポートを持っていれば今までの物も使うことができます。

執行猶予期間中は、判決謄本などを用意してからパスポートを申請すれば大丈夫です。

保護観察が付いている方の場合は、保護司へ相談してからの申請になります。

日本からの出国には問題ないのですが、相手国での入国審査の時に、入国拒否され強制送還になる場合もあるので注意が必要です。

特にアメリカへの入国は厳しいようです。

「前科者」ドラマで保護観察

ドラマ「前科者」の中でも、保護司・阿川佳代の元で保護観察を受けて、互いに悩み、心の中にいる自分と格闘しながら成長していく姿が垣間見れます。

保護司の存在は前科者にとっては偉大で、将来幸せになれるかは保護司の先生の人柄や支援の方法にもよると思います。

事務的に処理していけば、前科者の気持ちを逆なでし、再犯へとまた手を染めることになるかもしれません。

原作のマンガ「前科者」は、こちらから一早くご覧いただけます。

ドラマがスタートする前に、ストーリーをチェックしてみましょう。

スキマ時間にマンガ・アニメ・ドラマ 無料配信サービス!

「前科者」ドラマで海外移住あり? まとめ

ドラマ「前科者」での海外移住とその方法などを調べていくうちに、前科があっても執行猶予中は、普段通りの生活をしても構わないということがわかりました。

また会社で仕事をして給料をもらっても良いし、旅行に行くことだって許されることを知り、更生への道はそんな遠くはないと思いました。

就職するのも厳しい、遊びに行くにも監視の目があって心から楽しめないと思っていたので、実際はそんなことはないということを知り、将来に希望が持てますね。

しかし犯罪をした事実は消えることはないので、2度と犯罪を犯さないように、保護観察官や保護司の先生の意見をしっかり聞いて、もし海外移住をするにしても、気が緩むことがないように早く更生して、今度は人のためになるような行いをしていけると良いと思います。

まだまだやり直しはできるので、前科者のマンガ・テレビ・映画を観て心に変化があると良いですね。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました