スポンサーリンク

婚活マッチング「AI恋愛ナビゲーションアプリ」のAill は、安心・安全を前提に恋愛パートナーを探し出し、福利厚生の一環として活躍!

アプリ

婚活にAIを導入し、交際率や結婚率の低下原因である「金銭的コスパ評価」や、失敗したくない「精神的コスト」から一歩踏み出し安心・安全を提案したマッチングアプリを企業内で活用し、私生活も仕事も向上させていくことを目的に、株式会社AILL「AI恋愛ナビゲーションアプリ」Aill (エール)を開発しました。

 

「Aill」の最大の特徴としては、出逢いからお付き合いまでをAIがナビゲートし、「従業員エンゲージメント」を引出し、企業の利益創出にもつながるという考えで導入されました。

 

スポンサーリンク

「従業員エンゲージメント」とは?

 

従業員が現在働いている会社に対して、向かっている方向性に共感し、自発的に貢献したいと思う意欲のことを言います。

 

従業員のエンゲージメントが高い時、従業員は職場環境や労働条件に満足しているだけではなく、仕事にやりがいを感じ、意欲を持って取り組むことができます。

 

日本の「熱意あふれる社員」の割合は約6%と低く、世界平均の半分もいっていない状況で、これは「ワークライフシナジー」に関係しているものと考えられています。

 

 

 

 


「ワークライフシナジー」とは?

 

ワーク(仕事)、ライフ(生活)、シナジー(経営戦略で、各部門の相乗作用を活用した効果として利益を生みだす)と、それぞれの意味がありますが、家庭が安定していれば仕事にも効果が出るということで、家族のために仕事を頑張ろう!家庭に早く帰るために仕事のピッチを上げて、効率よくこなしていこう!という気持ちが自然と出てきて、会社の業績も上がっていきます。

 

そして仕事と家庭とが影響し合う効果は3つあると言われています。

 

 

1、加法効果

 

仕事と家庭における充実感や満足感の両方を合わせて、人生における充実感と満足感にしていく。

 

 

2、緩衝効果

 

仕事でうまくいかない時に、家庭での充実感や満足感が気持ちを落ち着かせてくれて、反対に家庭でうまくいかない時は、仕事での充実感や満足感が落ち着かせてくれる。

 

 

3、ワーク・ファミリー・エンリッチメント

 

仕事経験が家庭における質を高めたり、家庭経験が仕事での質を高めたりと、お互いの良い点を活用し向上させていく。

 

 

 

 


恋愛や結婚に臆病になっている?

近年、結婚しない人が増え、交際率が低下している原因として考えられているのが、20代・30代の人達が、恋愛を「コストパフォーマンスで評価」しているからのようです。

 

 

そして金銭的コストに精神的コストも加わって「失敗したくない」「傷つきたくない」という気持ちが優先し、恋愛の一歩が踏み出せない人達が増えてきています。

 

 

スマホでもマッチングアプリがあり、利用する人達も増えていますが、それでも独身者の70%がまだマッチングサービスを使ったことがなく、約半分の人達が今後の利用も抵抗を感じ、使用を検討しているという状況です。

 

 

 

 

 


「Aill」の必要性

 

「Aill」は福利厚生の一環として盛り込まれているので、若者たちが恋愛に積極的になれるように、安心安全な出逢いの場を提供していき、AIによるナビゲーション傷づくことを最小限に抑え、交際していくことを目的にしています。

 

 

1、紹介ナビゲーション

 

生活サイクルやキャリアプランを軸に、価値観が似ていて進展する可能性の高い人を紹介します。

 

 

2、会話ナビゲーション

 

チャットを通してデートへ誘うタイミングを伝えたり、距離を縮めるための会話のサポートをします。

 

 

3、好感度ナビゲーション

 

気になる人が自分に対して好感度を持っているかをAIが可視化し、効果的なアプローチに繋げていきます。

 

 

 

 

 


まとめ

 

2019年11月〜2020年3月までの期間に、企業11社で「Aill」を実際に使用し、そこに勤めている独身の職員さんでトライアル調査したそうです。

 

 

結果として全て良い方向へ進んでいるということで、さすがAIのデータ力は確かであり、今後の人生への希望を与えることができる「Aill」を導入した株式会社AILLは凄いと思いました。

 

 

スマホのマッチングアプリでも、相手との相性などわからないことがあり不安に思う人がいるところに、AI「Aill」の存在は心強いし、モチベーションも上がっていくはずです。

 

 

今は企業の福利厚生の一環として使い始めていますが、これが広く普及したら少子化問題も解消しそうですね。

 

 

 

今後の活躍が楽しみです。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました