スポンサーリンク

白髪になりやすい人の特徴と、ストレスからくる自律神経の乱れとの関わりとは?

生活

老化現象の一つとして髪の毛が白くなったり、皮膚にシワやシミが増えてきたり、骨がもろくなってすぐ骨折したりと、気を付けなければならないことは沢山ありますが、白髪にも個人差があります。

 

色素細胞であるメラノサイトの機能低下が直接的な原因ですが、歳をとっていても白髪が少ない人がいるのは不思議です。

 

 

やはり苦労の多い人は、白髪が多いのでしょうか?

 

 

特に女性は白髪染めをして、お洒落をキープしている人が多いので、白髪になる原因を一緒に見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

メラノサイト(色素細胞)が低下する原因

 

1. 老化現象(新陳代謝の低下)

 

2. 栄養不足や栄養のバランスの崩れ

 

3. 不摂生な生活

 

4. 遺伝による白髪

 

5. 生活環境からのストレス

 

 

 

以上のように、歳をとるにつれて身体の変化や、忙しい生活の中での生活態度の乱れやストレス、そして遺伝によって白髪が増えていくことがわかります。

 

 

 

 


自律神経の乱れが原因?

 

 

精神的な負担から、一気に白髪が増えるということを聞いたことがありますが、これは自律神経が深くかかわっているようです。

 

 

 

日常生活の中でストレスを強く感じると、自律神経が乱れ始めます。

 

 

 

自律神経が乱れると血流が悪くなり、そして毛細血管が収縮してきます。

 

 

 

 

毛細血管が収縮すると、髪の毛を作る毛母細胞やメラノサイトの働きが悪くなってくるので、白髪が増えてくるという仕組みになっているのです。

 

 

 

 

 

 


マリー・アントワネットの逸話

 

 

フランス革命での中心人物であるマリー・アントワネット王妃は、貧困である市民をよそに自分は贅沢三昧の生活をおくっていました。

 

 

やがて暴動が起き、火種はマリー王妃の元にも・・・

 

 

ギロチンにかけられることになり、マリー・アントワネットの綺麗なブロンドの髪は、一晩で白髪になってしまったと言われています。

 

 

 

実際はどうだったのかはわかりませんが、しかし死刑執行までの秒読みが開始され、ストレスと自律神経の乱れから錯乱状態になっていたことは想像がつきます。

 

 

 

このエピソードからもわかるように、体調の変化や老化は、周囲の自分の置かれている状況に左右され、急に老け込んでしまった人には、それなりの事情があったことがわかります。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

白髪は遺伝で若いうちからなってしまう人を除いては、自分の置かれているモチベーションや、生活態度によってくい止められることがわかりました。

 

 

 

やはり不摂生な生活をおくっていたり、ストレスの多い環境に身を置いている人は、それだけ自律神経が乱れ白髪になる確率が高くなります。

 

 

 

ゆったりした気持ちをキープしながら、ストレスを溜め込まないように、何か趣味をみつけてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

 

髪色の違いなど、国によっても変わってきますが、こちらも是非参考にしてみてください。

 

404 NOT FOUND | 「カフェちっくな 日常会話」
お役立ち情報や最新情報を、ゆったりカフェにて毎日発信中~ 是非日常生活にお役立てください(*^-^*)

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました