ダイソーメイク 「涙袋」 涙袋メイクで 涙袋ない人でもできる 涙袋メイクおすすめ方法

生活

ダイソーメイクで 「涙袋」を作り、ダイソーメイクで涙袋を大きくすることができ、涙袋がない人でもメイクで涙袋を作ることができ、ダイソー化粧品で涙袋メイクのおすすめがないか調べてみました。

涙袋があると可愛らしい印象になり、同性にも異性にもモテるので、涙袋のない人はメイクで涙袋を作る人がいます。

では、涙袋とはどんなものなのか調べてみたので、一緒に見ていきましょう。

「涙袋」とは?

目の下にあるプクっと膨らんでいるものが「涙袋」で、涙袋があると印象も変わり顔のアクセントになるので、可愛らしさを求めてメイクでマネてみたり、また思い切って整形で涙袋を作ってしまう人もいます。

涙袋は目の下にある眼輪筋(がんりんきん)が発達して膨らんだ状態のものです。

人相学的には、良縁や子宝に恵まれるみたいなので、これから結婚を考えている人には重要なことかもしれませんね。


「眼輪筋」とは?

顔面の表情筋の一つで、眼裂の周囲を輪状に取囲み、眼瞼を閉じさせる働きをする筋肉です。

内眼角付近の靭帯と骨部から起り、外眼角の外側で上下の筋束が連絡します。

顔面神経に支配され、眼瞼を開くのは眼瞼挙筋の働きによります。(ブリタニカ国際大百科事典の解説)

以上の説明を読むと、眼輪筋は眼瞼を閉じさせる働きをする筋肉で、顔面神経に支配されていることがわかります。

顔面神経痛になると、顔の表情の自由が利かなくなり、酷くなると話すことも大変な状態になるので気をつけたいです。

下瞼にある眼輪筋が発達して涙袋が目立ってくるのですが、眼輪筋を鍛える方法もあります。

まずは涙袋メイクについて見ていきましょう。


涙袋メイク方法

アイメイク後に、涙袋部分に白色か薄いベージュ色のアイシャドウを何度か重ねて塗っていきます。

目頭から目尻に流すように塗っていくのがポイントで、色の加減も好みで仕上げます。

薄めのブラウンのアイブロウか涙袋の影用ライナーを用意して、涙袋の影になる位置にラインを引いていきます。

プクっとした感じに見えたら完成です。

アイブロウペンシルやアイブロウパウダー、涙袋線をぼかしていく綿棒やメイクブラシ、うるっとした瞳に仕上げるための、ラメ感のあるアイシャドウを用意すると良いですね。

百均メイク道具でも簡単に涙袋は作れてしまうので、一度チャレンジしてみるのも良いかもしれません。

ダイソーコスメにU R GLAM(ユーアーグラム)のシリーズがあるので、そちらで試してみても良いと思います。

是非こちらも参考にしてみてください。


涙袋は消滅する?

涙袋は自然になくなることもあるそうです。

もとになる眼輪筋は筋肉でできているので、加齢やその他の原因によって弱くなることもあります。

プクっとしていた筋肉が緩み、眼輪筋が低下していくと涙袋は消滅してしまいます。

加齢によっての筋力の低下や、長時間瞬きをしないスマホやパソコン作業などは、顔の動きがなくなるので眼輪筋が低下し、加齢の場合は涙袋部分が小じわになる人が多く、事務仕事でパソコンを使う人は、涙袋が消滅してしまうので、涙袋を大切にしている人は注意が必要です。


涙袋トレーニング

それでもトレーニングをしていけば涙袋は消滅することはないので、作業の合間や時間のある時にやってみましょう。

右目左目と交互に瞼を閉じたり開いたりしてみましょう。

これは眼輪筋が収縮されるので、大変効果的です。

瞼の開け閉めは、回数よりもゆっくり大きくパチパチとやってみましょう。

両目5回ずつ一日2回ほどやると、徐々に効果が出てきます。

他には目を細めてみたり、涙袋下あたりに指をあてて、上に引き上げるようにすると、筋肉の収縮が起こり、早く効果が現れてきます。


まとめ

ダイソーメイクで涙袋を大きくし、涙袋がない人でもメイクで涙袋を作ることができるので、一度チャレンジしているのも良いかもしれませんね。

また涙袋を作るトレーニングなども、時間がある時にやってみると自然な涙袋を期待できますね。

しかし筋トレと同じ要領なので、自然にできるまでには時間がかかると思います。

自然に涙袋ができるまでは、メイクで代用してみるのも良いでしょう。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

美容関連記事

タイトルとURLをコピーしました