スポンサーリンク

王様ランキング3話 ヒリングがボッジの治療をする

王様ランキング

アニメ「王様ランキング」3話では、ヒリングがボッジの治療をし、ダイダとの試合中にできた傷やタンコブなど、治癒の魔法で治していきます。

ヒリングは、困った時に必ず登場するキャラクターです。

スポンサーリンク

王様ランキング3話 ヒリングは、誰にも見られないようにボッジの部屋へ

ボッジがダイダとの試合で大ケガをして、部屋で横になっていると、ヒリング王妃がボッジの容態を見に部屋に入ってきました。

そこで、おもむろに髪の毛を縛っていたヘアゴムをほどき、自分の服のボタンを外したのを見て、部屋にいたカゲは、

引用:Togetterより

「ヒステリックボインばばあ いったい何をするつもりなんだ?」

と、その様子を見守っていました。

本当にカゲが見守っていてくれて、ボッジは安心して休むことができますね。

王様ランキングのカゲは、ボッジの救世主?

王様ランキング3話 ヒリングは、ポーションで魔力が回復?

ヒリングは、治癒の魔法を使う前に、必ずポーションを飲んでいます。

薬なので、とってもマズイみたいですが、良薬口に苦しなんですね(笑)

しかし、治療する本人が薬を飲むなんて、なんだか面白いですよね?

 王様ランキングのヒリングの所持している「ポーション」 容器もいろいろ!

王様ランキング3話 ヒリングは治療中、何を考えている?

患者の病気を治す医者と同じように、ケガなど治していくので、医者と同じ心境だと思うのですが、どおなのでしょう?

ヒリングはボッジの継母で、ボッジが小さい時に、ボッジのお母さんになりたくて、ボッジの気を引くために、いろいろと手を尽くしていました。

引用:Togetterより

 王様ランキングのヒリングは、ダイダの母でボッジの母にもなろうとしていた

子どもへの親の愛情が、ヒリングにはあるような気がします。

ケガをして苦しんでいる、子どもの気持ちがよくわかる、ヒリング王妃だと思います。

王様ランキング3話 ヒリングは、ボッジに対してどのような気持ちを持っている?

障害のあるボッジには、重荷となる王様には向かないと考えていて、苦痛のない平凡な人生を歩んでもらえたら良いな・・・と考えていたと思います。

そのため、次期王様を決める多数決でも、ダイダに票が集まるように、なんとなく仕向けたような感じでした。

ヒリングは二人の母なので、いつでも二人のことは考えています。

ボッジには生まれながらの障害があり、それを克服していくのは難しいと判断したのでしょう。

 王様ランキングのボッジと、「五体不満足」の作者の障害とは?

本来なら、過酷な道のりをススメて、経験をして大きく成長してほしいと思っているけれど、試合結果などから考えて、それは無理な話しだと判断したと思います。

五体不満足/乙武洋匡【3000円以上送料無料】

価格:1,760円
(2021/10/27 02:38時点)
感想(0件)

【新品】【本】五体不満足 No one’s perfect 完全版 The complete edition 乙武洋匡/著 ジェリー・ハーコート/訳 ジョン・ブレナン/訳

価格:979円
(2021/10/27 02:39時点)
感想(0件)

王様ランキング3話 ヒリングは、次期王様をダイダにしたかった? その理由は?

前章にもありますが、ダイダを王にしたいということよりも、一番良い状況を考えての行動だったと思います。

口がきけないボッジには、王様は重荷だと思っていたし、ダイダの性格も考慮して、後でもめ事が起きない投票制をとったので、後々のことを考えての行動でした。

ダイダも剣術に励み、剣を握る手に豆ができるほど修行しています。

 王様ランキング3話 ダイダは、王様になることが当然だと思っている?

ダイダも自分が、この国の王様になるんだと思って生きてきたので、母ヒリングもその辺は理解していたと思います。

それで多数決にしたのです。

公平にみんなの意見を聞きながら、少し強引だけど、指示してきたのです。

王様ランキング3話 ヒリングがボッジの治療をする まとめ

ポーションの謎や、ヒリングの二人の息子に対しての気持ち、ボッジへの愛情表現など、ヒリングに関しては謎が深まるばかりです。

王様ランキングのヒリングには、「先見の明」がある?

この王様ランキングには、愛情がたくさん詰まっているような気がします。

 王様ランキングは愛情物語 そして個性的なキャラクターに芽生えるもの

みんなが幸せになることが目的なので、それぞれが地道な努力をしていくことが必要ですね。

ヒリングのポーションや、ヒリングに助けられることって、これからますます増えていくことだと思います。

いろいろな角度からキャラクターを見ながら、これからも考えていきたいと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました