スポンサーリンク

猫はふみふみでリラックスしてる反面、可哀想な仔猫も・・・ストレス発散と愛情表現と猫パンチ

猫の行動

猫はふみふみすることでリラックスしたり、ストレス発散や飼い主への愛情表現、そして飽きてくると猫パンチで攻撃してきたりと、眠くなると出る行動ですが、仔猫のうちから自立して、ふみふみをしない可哀想?な仔猫もいます。

成猫になっても相変わらず、ふみふみしている猫がいますが、親離れしていない甘えん坊の猫に多いようです。

仔猫の時から、親の愛情いっぱいで育ってきた猫が、お母さんのおっぱいを飲む習慣が継続しているという感じでしょうか?

猫ブログランキング「にほんブログ村」の人気猫ちゃん!検索されやすい注目#ハッシュタグは何?

スポンサーリンク

猫はふみふみでリラックスしてる反面、可哀想な仔猫も・・・愛情表現でふみふみ、ふかふかベッドがお気に入り

ふわふわしている毛布のところにくると、ふみふみする猫ちゃんがいます。

きっとお母さんのふんわりしたお腹に似ているのかも・・・

ふみふみ行為は、ミルクトレッドニーディングと呼ばれていて、仔猫の時に母猫の身体をふみふみしておっぱいを刺激することによって、ミルクを飲んでいた名残ですね。

お母さんの母乳は、赤ちゃんのふみふみによって、刺激されて出てくるということになります。

ということは、単なる食いしん坊なのか?と思ってしまいますよね(笑)

そのふみふみ加減が良いベッドなどを用意してあげると、きっと安心して眠りにつくことができるので、猫パンチをくらうこともないかもしれません(笑)

犬猫兼用のドームハウスも、探検気分が味わえて楽しそうです^^

【楽天】洗えるふわふわ猫ベッドいろいろ♪ 猫ちゃんも単独ふみふみでストレス解消~

【楽天】ドームハウス落ち着く場所です。種類が豊富で迷うね♪

猫はふみふみでリラックスしてる反面、可哀想な仔猫も・・・リラックスやストレス解消は食事からも

毎日の食事は、猫ちゃんワンちゃんの健康状態を左右するので、その子に合った食事を与えてあげると良いですね。

食事を変えても、ふみふみ行為は変わらないかもしれませんが、甘えん坊さんということで大目に見てあげましょう♪

【楽天】猫ちゃんの食事療法食 何が良いか厳選してあげてね!

【楽天】ワンちゃん用の食事療法食 追加購入できるようにお気に入り登録♪

猫はふみふみでリラックスしてる反面、可哀想な仔猫も・・・日向ぼっこしながらストレス発散とリラクゼーション

TikTokでも流行っている、猫窓ハンモックってご存知ですか?

ガラス窓から外をジィ~っと見ている猫ちゃん!

出典:Tik Tok

外へ行きたいと思っているのかな?

放し飼いも家の中だけというお宅も多くなり、猫ちゃんも外出気分を味わいたいところです。

そんな時、猫窓ハンモックが活躍してくれるのです。

日永一日ガラス窓に貼りついて、外の様子を見ながら日向ぼっこやお昼寝ができるのです。

もしかしたら、猫パンチをくらうこともなくなるかもしれませんね(笑)

出典:Tik Tok

【楽天】猫窓ハンモックで日向ぼっこだニャ~♪ ガラス戸にペタっと!

猫はふみふみでリラックスしてる反面、可哀想な仔猫も・・・ストレス発散と愛情表現と猫パンチ まとめ

猫はふみふみすることでリラックスしたり、ストレス発散や飼い主への愛情表現、そして飽きてくると猫パンチで攻撃してきたりと、眠くなると出る行動ですが、仔猫のうちから自立して、ふみふみをしない可哀想?な仔猫もいます。

それは赤ちゃんの頃には、母猫から母乳をもらえますが、生後3ヶ月くらいになってくると、母乳の代わりに猫パンチがやってきます。

もうあなたは大きいんだから、母乳は必要ないのよ!とお母さんが教えているのかもしれませんね。

そのことをしっかり理解した猫は、ふみふみ行為をしないと言われています。

または赤ちゃんの時に、母親と離れ離れになり母乳を与えられなかった場合も考えられます。

それを考えると、ちょっと可哀想ですよね?

猫ちゃんの住みやすい環境が、ストレスを溜め込まない環境になるので、なるべくリラックスさせてあげたいですよね。

他にも以下の物の中で、便利グッズなどもあったりします♪

是非こちらもご覧ください ↓ ↓ ↓

 無償で猫を譲りますの掲示板 譲渡後に猫飼育に必要なもの

猫ブラシおすすめ人気ランキングトップ10【楽天】静電気防止・毛玉抜け毛対策

 

(=^x^=)家族の健康を守るために、人気ペット保険のご紹介です。

ペット&ファミリー損害保険やペットメディカルサポートは、保険金をスムーズに支払ってくれるので、とっても安心!

保険料が高くなる10歳以上になっても、終身で継続できます。

検査や処置費用が30,000円のところ、25,000円の戻りがあり、かかった費用はわずか5,000円のみ。(事例、症状により異なります。)

いつでも病院で、診てもらえる環境作りは大切です。

今からでも愛猫ちゃんのために、準備してみてはいかがですか?

 

資料請求はこちらからどうぞ!!

ペット保険の資料一括請求サービス

タイトルとURLをコピーしました