スポンサーリンク

猫・仰向け「くねくね」させる理由は? オスとメスの違いはあるの?

猫の行動

猫が仰向けになり体を「くねくね」させる理由と、オスとメスの違いはあるのかについて調べてみました。

外猫でも内猫でも、仰向けにして体をくねらせている現場を見たことがあると思います。

これには、いろいろな理由があります。

一つずつ見ていきましょう!

スポンサーリンク

猫・仰向け「くねくね」させる理由は? 誰か背中をかいて〜

猫は顔周辺や足など、痒くなると早技でかいています。

しかし自分で背中をかいている姿は、見たことがありません。

そんな時は、痒いところを地面や床に擦り付けて、痒みを取ろうとします。

痒いところに手が届く・・・なんてことはないんですよね(笑)

外猫は特に、ノミやダニなどがついて痒がっているのかもしれません。

ちょっと可哀想ですよね。

家猫ちゃんも痒がっていたら、猫用シャンプー(ペット用)で洗ってあげましょう!

【15%ポイントバック / 送料無料】楽天1位 犬 猫 シャンプー 低刺激 無添加 マルットペット 400mL 無香料 獣医推奨 のペットシャンプー 天然由来成分100% 香料0.00% で かゆみ フケ 肌荒れ に リンス 無しで時短に ふわふわの仕上がり イヌ ネコ 犬猫兼用 子犬 子猫 大容量

出典:Tik Tok

猫は自分で体を舐めるから洗わなくても良いという方もいますが、やはり手の届かない背中など痒がる時があるので、定期的にシャンプーして、毎日ブラッシングもやってあげましょう。

被毛の状態を整えることができ、皮膚に刺激を与えることによって血行が良くなるので、運動不足になりがちな家猫ちゃんには必要ですね。

 猫ブラシおすすめ人気ランキングトップ10【楽天】静電気防止・毛玉抜け毛対策

 猫ブラシおすすめ人気ランキングトップ20【楽天】ピンとラバーブラシ・毛玉抜け毛対策

猫・仰向け「くねくね」させる理由は? 季節的に発情期を迎えて

こちらも外猫に多いのですが、春先になってくると、猫のけたたましい雄叫びを聞いたりします。

発情期の季節で、オスの場合はメスを呼んでいるのです。

そしてメスはというと、仰向けになって体をくねくねさせる格好をとります。

家で飼われているメス猫は、小さい時に避妊手術をしているので大丈夫ですが、人に飼われていない猫は自然の状態なので、発情期がくると体をくねくねさせるのです。

2~4月、6~8月が発情期のピークとなり、日照時間が長くなると発情します。

子どもを産む予定がなければ、避妊したほうが猫ちゃんにとっても良いですね。

猫・仰向け「くねくね」させる理由は? 甘えたい・構ってほしいのアピール

うちの猫もそうですが、外出して帰ってくると、玄関先のカーペットの上で、くねくねをずっとやっています。

構って、構ってと甘えているのです。

きっと留守番していて寂したったのだと思いますが、あまりのオーバーアクションで気持ちがよく伝わってきます。

そんな時は、お留守番できて偉かったね〜〜と、しばらく頭や体を撫でてあげます。

そうするといつも通りの態度になります(笑)

体をすりすりさせてくる時も、構ってほしいのアピールです。

出典:Tik Tok

 猫すりすりと知らない人にするのはなぜ? 猫の行動や安心する人の特徴

 猫すりすり異常にする時の心理とは? 猫のかわいい欲求を満たそう♪

猫・仰向け「くねくね」させる理由は? マーキングで自分の縄張りを確保

すりすりと同じく、くねくねさせることで、自分の匂いを全面につけて縄張りを確保しているのです。

しばらくすると匂いは消えてしまうので、何度も試みているのです。

玄関先にお出迎えした時に、寂しかったのアピールマーキングを同時にしているのですね(笑)

意外と頭が良いのかも♪

猫・仰向け「くねくね」させる理由は? オスとメスの違いはあるの? まとめ

くねくねさせる理由は、たくさんありましたね。

またオスとメスでも、メスの発情期にくねくねすることがわかり、オスはその仕草でビビッとくるのかもしれませんね(笑)

きっと気に入ったオス猫の前でしか、くねくねしないと思うので、相手がすぐわかってしまうところなど他の猫ちゃんからも、わかりやすいということですね。

モテモテのオス猫ちゃんは多分いると思うので・・・

すりすりや、くねくね、いろいろなアピール方法があることがわかり、言葉をかけやすくなりました。

 

(=^x^=)家族の健康を守るために、人気ペット保険のご紹介です。

ペット&ファミリー損害保険やペットメディカルサポートは、保険金をスムーズに支払ってくれるので、とっても安心!

保険料が高くなる10歳以上になっても、終身で継続できます。

検査や処置費用が30,000円のところ、25,000円の戻りがあり、かかった費用はわずか5,000円のみ。(事例、症状により異なります。)

いつでも病院で、診てもらえる環境作りは大切です。

今からでも愛猫ちゃんのために、準備してみてはいかがですか?

 

資料請求はこちらからどうぞ!!

ペット保険の資料一括請求サービス

タイトルとURLをコピーしました