スポンサーリンク

コーヒーの特殊「コピ・ルアク」 エスプレッソを淹れるバリスタでもレア過ぎるコーヒーとは?

生活

カフェで淹れるコーヒーは、エスプレッソマシンなどでカフェラテの時「ラテアート」を描く有名バリスタさんがやっているお店では、1杯のコーヒーの値段が他店と違い高いですが、「コピ・ルアク」コーヒーはハンドドリップで淹れても希少価値があり、そのコーヒー豆はなかなか手に入らないので、その味と信ぴょう性も兼ね揃えた「コピ・ルアク」コーヒーの存在の意味を考えながら味わうことができたら良いですね。

 

コーヒーや紅茶、そして緑茶は風味や味、摂取時の心身の高揚感など、味覚や臭覚を楽しむためにできた嗜好品ということが調べてみると載っています。

 

 

リラックスしたい時や、仕事などで一息つきたい時などに、味や香りを楽しみ健康にも良いコーヒーや紅茶や緑茶を飲む習慣があると良いと思います。

 

 

美容と健康を1杯のコーヒーから・・・

 

こちらの記事も是非参考にしてみてください。

 

美容と健康を1杯のコーヒーから・・・デトックス効果「むくみ解消」「免疫力アップ」

スポンサーリンク

ジャコウネコの糞から採れるコーヒー

 

 

希少価値のある「コピ・ルアク」コーヒーは、ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことで、コーヒーを指すインドネシア語の「コピ」と、マレージャコウネコの呼び名「ルアク」「コピ・ルアク」と言われています。

 

コーヒー豆の原材料である「コーヒーノキ」の熟した果実だけを好んで食べるジャコウネコは、胃腸で種子を消化せずに、そのまま糞として排出し、それが「コピ・ルアク」というコーヒー豆で希少価値の高いものとして扱われています。

 

 

独特で複雑な香味を持つ特徴的なコーヒーで、ジャコウネコの腸内で消化酵素や腸内細菌が働いて、カフェインの含有量も通常の半分くらいになり、健康面でも優れているコーヒーです。

 

漫画の「はじめ人間ギャートルズ」に出てくるサルが、木の実を食べて腸内発酵されたものを酒として人間が飲むという状態と同じような感じですね。

 

 


「コピ・ルアク」コーヒーのお値段は?

 

農民がジャコウネコの糞探しをして、未消化の実や種を回収し綺麗に洗浄してから乾燥させ、ジャコウネコの「コピ・ルアク」コーヒー豆ができるので、かなり手間暇かけて作られています。

 

100gで約7000円なので、通常価格の約13~14倍ということになります。

 

 

ジャコウネコが食べるコーヒー豆の種の品質で、価格にも多少変化があるようです。

 

鶏卵と同じような感じで、高い餌を食べて育つニワトリの卵は、ブランド名が付いて販売されているので、ジャコウネコの糞からできるコーヒー豆も、コーヒーの実の品質によっても金額が変わってくるということですね。

 

 

一匹のジャコウネコから摂れるコーヒー豆の量は、なんとたったの3グラムと言われているので、コーヒー1杯分にも満たないことになります。

 

 


まとめ

 

通常のカフェでは取り扱っていないコーヒー豆で、それもジャコウネコの糞から摂れる「コピ・ルアク」コーヒーは、エスプレッソを淹れる一流のバリスタさんでも、なかなかお目にかかれたことはないと思います。

 

 

動物のお腹の中で発酵させて排出させるなんて、なんて原始的な製法なんだろうと思いますが、コーヒーの実を見つけていち早く食べてしまうジャコウネコの宿命のような気がします。

 

健康にも良い「コピ・ルアク」コーヒーですので、どこかで入手できたら一度飲んでみたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました