スポンサーリンク

花粉症対策にマスクは効く?効かない? 花粉は大敵! 喉のイガイガ、くしゃみ、鼻水、目の痒み

花粉症 2022

花粉症対策マスクは効く?効かない?ということで、大量の花粉が舞うこの時期は、喉のイガイガや、くしゃみ、鼻水、目の痒みなど、花粉症の人にとって、精神的にも辛い季節になります。

外出時にはマスクやメガネは必須ですが、マスクは花粉症には効かないという意見もあります。

どちらが正しいのか、調べてみたので一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

花粉症対策にマスクは効く?効かない? 花粉は大敵! 花粉症でない人もマスクは必須

厚生労働省のページ、花粉症Q&A集(平成22年度)の花粉症対策を参考にさせていただきながら、書いています。

アレルギー体質の人って、割と多いような気がします。

食物アレルギーなどもその一つですが、他には寒暖差アレルギーや、日光アレルギー(太陽光アレルギー・紫外線アレルギー)、犬アレルギーや猫アレルギー洗剤アレルギーなどいろいろあります。

何かしらのアレルギー症状の出る方は、花粉症になりやすいので、まだなっていない人は注意が必要です。

花粉症は、体の免疫反応が花粉に過剰に反応して、花粉症の症状が出てきます。

くしゃみが出るのは、体が花粉を外に出そうとしていて、鼻水や涙は花粉を洗い流そうとしているのです。

ここでマスクの登場です。

マスクは、花粉がたくさん舞っている時は、吸い込む花粉の量を、約3分の1〜6分の1に削減することができ、辛い症状を軽減する効果があるのです。

そして花粉症でない人も、花粉を吸い込む量が少なくなるので、花粉症になる可能性を低くすることは期待されています。

しかし風が強い日は、マスクをしていても隙間から花粉が侵入することがあり、完全防備ではないので、過信し過ぎてもダメみたいです。

 2022年花粉飛散状況「スギ」はいつ頃? ヒノキ科「スギ」で花粉症になる人とは?

花粉症対策にマスクは効く?効かない? 花粉は大敵! 今マスクは人気商品で売れています

前記にもあるように、花粉症以外のアレルギー疾患を持っていたり、家族の中で何らかのアレルギー疾患を持っている人は、花粉症になりやすいと考えられるので、子どもの頃から注意は必要です。

また若い時、花粉症で悩まされてきた人は、歳とともに落ち着き、老齢になると不思議となくなることもあります。

歳をとると、全ての機能が低下するので、花粉が体の中に入ってきても、攻撃しようとする力もないから、アレルギー反応も出ないのだと思いますが、それもなんだか悲しいことですよね?

まだまだ人生長いので、必須である花粉症マスクを常備しておくと、外出時も怖くないですよね。

花粉対策にはマスクが必須! 種類豊富で、自分に合ったマスクで気分も爽快♪ 是非選んでみてくださいね。

花粉症対策にマスクは効く?効かない? 花粉は大敵! 外出後の対処法は?

風の強い日は、特に念入りに、服や帽子についている花粉を室内に持ち込まないように、叩くようにしましょう。

そして、手洗いうがい、できれば洗顔などすると効果的です。

花粉症の症状が強い人は、入浴かシャワーなどで花粉を洗い流し、服も変えた方が良いでしょう。

他に、履いていた靴についた花粉もとるようにしましょう。

これだけやれば、完璧ですね。

室内では花粉症対策用の空気清浄機をつければ、呼吸も楽でいられます。

今とても進んでいて、花粉症対策用の空気清浄機も各種出ているので、あまり辛いようであれば購入も考えてみても良いと思います。

花粉対策用空気清浄機。お部屋ではゆったり寛ぎましょう♪

花粉症対策にマスクは効く?効かない? 花粉は大敵! 喉のイガイガ、くしゃみ、鼻水、目の痒み まとめ

花粉症対策マスクは効く?効かない?ということでしたが、大量の花粉が舞うこの時期で風が強い日は、やはりマスクをしていても、マスクの隙間から花粉が侵入し、喉のイガイガや、くしゃみ、鼻水目の痒みなどの症状は起こってしまいます。

しかしマスクをしていない人と比べると、雲泥の差が出るので、マスクは必須ですね。

 2022年花粉飛散状況「カモガヤ」はいつ頃? イネ科「カモガヤ」で花粉症になる人とは?

今後はもっとアレルギー症状を抱えた人たちが増えていくので、今からできる対策は早めにしておくと良いと思います。

マスク、メガネ、帽子、空気清浄機など、快適生活には必要ですね。

快適生活を目指して、今から動き出しましょう!

タイトルとURLをコピーしました