花粉症で咳が出る子供はコロナと間違えられる?咳を止める対処法は? - 「アニメ・ドラマ・お役立ち情報サイト」 カフェちっくな日常会話
スポンサーリンク

花粉症で咳が出る子供はコロナと間違えられる?咳を止める対処法は?

花粉症2023

花粉症で咳が出る子供は、コロナ禍の時期にはコロナと間違えられる可能性があり、頻繁に咳が出ると学校のクラスで周囲の目が気になるようになり、PM2.5などによる健康被害なども懸念されるので、咳を止める対処法があるのかを調べてみました。

現に子供が花粉症で咳が出て、周囲に気遣って学校を休んだ方が良いのかを悩んでいられる保護者がいました。

「花粉症」2023年

スポンサーリンク

花粉症で咳が出る子供はコロナと間違えられる?咳を止める対処法は?

花粉症の子どもへのアドバイスとして、花粉症アレルギーを抑える薬を処方してもらい、それを飲むようにすれば治ります・・とネット上で回答している人がいました。

確かに薬を飲めば、咳や鼻水を抑えることはできますね。

以下は、アレルギー性鼻炎で、花粉にも効く薬で市販で購入できます。

【第2類医薬品】〔ホノミ〕ホノビエン錠 deux 300錠【あす楽】【楽天ポイント5倍】 ホノビエン 眠くなりにくい ほのびえん 喉が渇きにくい アレルギー性鼻炎 花粉症 鼻づまり 鼻水 鼻炎 に ほこり 花粉 アレルギー おすすめ 薬 漢方 ホノミ 黄砂 PM2.5 |サツマ薬局|(控)

花粉症で咳が出る子供はコロナと間違えられる?喉がイガイガする食べ物とは?

メロンやスイカなどを食べると、口の中が痒くなってきて、喉がイガイガしたりすることがあると思います。

これは口腔アレルギー症候群というもので、メロンやスイカなどの果物が、カモガヤ花粉と共通の蛋白抗原を有していることで、口の中や咽喉頭などの粘膜に接して、局所的にアレルギー反応を起こすからです。

しかし共通の蛋白抗原は熱や胃酸で変性するので、メロンやスイカをクリームなどでコーティングしたり加熱したりすれば、症状が起こらない場合があります。

ヨーグルトに混ぜたりしながら、工夫して食べると良いですね。

花粉症で咳が出る子供はコロナと間違えられる?春は花粉に加えPM2.5にも注意を!

春は草花が一斉に開花し花粉が舞い始めますが、中国からも偏西風に乗ってPM2.5がやってくるので、それにも注意しなければいけません。

PM2.5とは、微小粒子状物質のことで、大気中に浮遊している2.5μm以下の小さな粒子のことで、単一の化学物質ではなく、炭素、硝酸塩、硫酸塩、金属を主な成分とする、様々な物質の混合物となっています。

肺の奥深くまで入りやすいので、肺がんや呼吸系、循環器系への影響が考えられています。

VOC(揮発性有機化合物)が発生原因で、工場から出る煤煙や、自動車の排気ガスなど物の燃焼から出る人為起源のものと、土壌や火山、そして黄砂など自然起源のものがあります。

PM2.5など大気汚染物質を含んだ雨は、花粉からアレルゲンを溶け出しやすくするので、梅雨に入り花粉が飛ばないと安心はしていられないのです。

交通量の多い都市部では、車の排気ガスなどで、花粉症患者は増えていると考えられます。

それを予防するために、花粉症の症状が出ない人でもマスクをした方が良いのです。

 花粉症対策にマスクは効く?効かない? 花粉は大敵! 喉のイガイガ、くしゃみ、鼻水、目の痒み

花粉症で咳が出る子供はコロナと間違えられる?一年中花粉症が・・・

花粉症の代表格のスギ花粉から始まりヒノキや、初夏に入りカモガヤホソムギ等のイネ科の植物などの花粉が飛散し、夏の終わりから秋にかけてはキク科のブタクサヨモギが舞い始め、ほぼ1年間いろいろな花粉が舞っているのです。

 花粉症2023飛散状況「カモガヤ」はいつ頃?イネ科のアレルギーで食べてはいけないもの!

自宅周辺には花粉症の要素のある草花がない場合でも、学校周辺や登下校の間に車の排気ガスが混ざったPM2.5を吸い込んでいる場合があるので、いつもマスクをしていることが花粉症予防になります。

外出後は必ずうがいをすることを心がけ、お茶などのカテキンを多く含んだ飲み物を飲むと、花粉による咳は抑えられると思います。

【新商品】緑茶べにふうき茶ティーバッグ2.5g×100包無農薬栽培茶【無添加】メール便送料無料無化学肥料栽培【静岡産】【通販】【smtb-F】

そして自分の花粉症の原因を調べ、植物の開花時期や花粉の飛散時期を把握しておくことが必要です。

花粉症で咳が出る子供はコロナと間違えられる?咳を止める対処法は?まとめ

花粉症で咳が出る子供は、コロナ禍の時期にはコロナと間違えられる可能性があり、頻繁に咳が出ると学校のクラスで周囲の目が気になるようになり、PM2.5などによる健康被害なども懸念されるので、どの花粉に反応しているのかをよく調べて対処していくのが良いです。

外では必ずマスクをして、外出後はうがいをしお茶を飲んでみたり、PM2.5対応の空気清浄機のある室内で過ごすことが良いと思います。

いろいろと対策をしてみて、花粉やPM2.5から身を守っていきましょう!

2023年の花粉症については、↓こちらをご覧ください。

https://www.artwave7.com/archives/category/花粉症2023